音声即時再生のためのコード.prepareToPlay( )をコードに入れたところ、コンパイルエラーが出てしまいました。

投稿者: Anonymous 初めまして。 swiftを勉強し始めて1週間の初心者です。(プログラミングの経験もかなり浅いです。) 先ほど「世界一受けたいiPhoneアプリ開発の授業」という本を元にコードの写経をしていたところ、コンパイルエラーが出てしまいました。 1〜2時間ほど考えてみたり、コードを打ち直してみたり、Xcodeを再起動してみたり、色々試しましたがエラーは消えず…。という状態です。 エラーでは Value of Optional type “AVAudioPlayer” not unwrapped; did you mean to use “!”or”?”? エラーを治すための指示は Fix-It Insert “!” と書いてありますが、!を挿入してもエラーが出たままです。逆に?を挿入したらエラーは無くなるんですが、これってどういうことが原因なのでしょうか? コードは下記になります。(冒頭のcopyrightなどは省略させていただきます。**で囲まれたところにエラーが出ます。) import UIKit import AVFoundation //AVFoundationをインポートする class ViewController: UIViewController { var player:AVAudioPlayer? //音声を制御するための変数 //BGM再生メソッド func play(soundName:String){ //String型の引数からサウンドを読み込む let soundPath = NSBundle.mainBundle().bundlePath.stringByAppendingPathComponent(soundName) //読み込んだファイルにパスをつける let url:NSURL? = NSURL.fileURLWithPath(soundPath) //playerに読み込んだmp3ファイルへのパスを設定する player = AVAudioPlayer(contentsOfURL:…(Continue Reading)

UIPickerViewでの中央選択部の拡大表示について(iOS8)

投稿者: Anonymous iOS8でUIPickerViewを使用しているのですが、項目のtitleが長すぎて、最後が「…」と省略されてしまうので、フォントサイズを調整して対応しようとしました。 pickerView:titleForRow:forComponent: メソッドでは、フォントサイズの調整項目がないので、 pickerView:viewForRow:forComponent:reusingView: メソッドで、UILabelにattributedStringを指定したものを戻り値にして、フォントサイズの調整を行いました。 その目的は上手く果たせたのですが、pickerView:titleForRow:forComponent: メソッドでは、pikerViewの中央選択部位が、非選択部位に対して拡大表示されているのに対し、pickerView:viewForRow:forComponent:reusingView: メソッドでは、その拡大表示効果がなくなっていることに気がつきました(添付図をご参照ください)。 選択項目全体が表示されることが第一優先ではあるのですが、選択部位が拡大表示される効果は、選択時に分かりやすい効果があると思っています。もし、可能であれば、この2つを両立させたいと思っているのですが、UIPickerViewを用いて、これを実現するのは可能でしょうか? もし、可能であるなら、その手法、あるいは例を示唆いただけないでしょうか?  現在、Swiftを使っていますが、Objective-Cでも構いません。よろしくお願いいたします。 ちなみに pickerView:attributedTitleForRow:forComponent: メソッドは、referenceにもdeprecatedとの記載はないのですが、iOS7以降では、上手く稼働しないとの報告もあり、実際試してみましたが、pickerView:titleForRow:forComponent: メソッドとの違いが確認できませんでした(フォントサイズの調整ができませんでした)。 解決 現状のapiだけでは難しそうです。例えできたとしても、かなり無理のある作りにならざるを得ません。 下記のようにdelegateの中でフォントを変更することはできますが(選択部分は拡大と言うよりは単にフォントが大きくなっているように見える)、選択後の動作なので元々の動きとは異なります。また、selectRow:inComponent:animated:で選択した場合にはこのメソッドが呼ばれないため、初回表示時などにも別途対策が必要です。 – (void)pickerView:(UIPickerView *)pickerView didSelectRow:(NSInteger)row inComponent:(NSInteger)component { _selectedLabel.font = [UIFont systemFontOfSize:15]; UILabel *label = (UILabel*)[pickerView viewForRow:row forComponent:component]; label.font = [UIFont systemFontOfSize:20]; _selectedLabel = label; // フォントサイズを戻すために保持 } 回答者: Anonymous

Xcode6自作フレームワーク内でxibを使用すると’Could not load NIB in bundle: ‘エラーが発生する

投稿者: Anonymous Xcode6で自作フレームワークを作成しました。 フレームワーク用プロジェクト内でxibを使用したコードがあるのですが。 デモアプリを作成し、そこに自作したフレームワークを追加して呼び出すと以下のエラーが発生してしまいます。 2014-11-27 19:09:25.323 SampleApp[5709:1563355] *** Terminating app due to uncaught exception ‘NSInternalInconsistencyException’, reason: ‘Could not load NIB in bundle: ‘NSBundle </private/var/mobile/Containers/Bundle/Application/6FDD2A14-A4A8-47FC-88B2-5DF48546F72D/SampleApp.app> (loaded)’ with name ‘SampleView” *** First throw call stack: (0x1824cde48 0x192c140e4 0x1824cdd88 0x1870874f0 0x1000d7360 0x1000d72dc 0x1000d7fb8 0x100100df0 0x100101cfc 0x1000d7f48 0x1000d80e8 0x10006d130 0x186f0b54c 0x186f0f724 0x186f13a6c 0x186f12f48 0x186f12ea0 0x186f067d4 0x18a729640 0x182486124 0x18248522c…(Continue Reading)

デバイスの判定方法(objective-c)

投稿者: Anonymous デバイス別に処理を分けるには条件はどう書けば良いのでしょうか?? できればiphone6Plus,iphone6,iphone5s,iphone5,の判定条件を教えて下さい。 よろしくお願いします!objective-cでよろしくお願いします。 解決 モデル番号から判別する 英語版の記事に詳しくありますが、モデル番号を uname で取得して判断するのが手っ取り早いです。 今回は iPhone 5, 6, Plusの判別がされたいとのことなのでそのサンプルコードを示します。 #import <sys/utsname.h> … … – (void)viewDidLoad { [super viewDidLoad]; // Do any additional setup after loading the view, typically from a nib. NSString* deviceName = getDeviceName(); bool is_Simulator = ([deviceName isEqualToString:@”i386″] || [deviceName isEqualToString:@”x86_64″]); bool is_iPhone5 = ([deviceName hasPrefix:@”iPhone5,”] ||…(Continue Reading)

ポップアップメニュー内に、画像の表示・非表示切り替えの項目を追加するには

投稿者: Anonymous iPhoneアプリを製作中です。 ポップアップメニュー内に、画像の表示・非表示切り替えの項目を追加するには どうすればいいのでしょうか? 下記サイトを参考にポップアップメニューを追加したのですが、 http://www.iosjp.com/dev/archives/tag/qbpopupmenu メニュー内に追加した項目に紐づくメソッドは、引数を使えないようなのです。 // ポップアップメニューに項目を追加 QBPopupMenuItem *item = [QBPopupMenuItem itemWithTitle:@”画像消す” target:self action:@selector(GazouKesu)]; // 追加される項目のメソッド – (IBAction)GazouKesu:(UIButton*)sender { sender.selected = !sender.selected; if (sender.selected) { self.detailImageView.image = nil; } else { // Update the view. [self configureView]; } } 上記のコードを追加した上で、ポップアップメニュー内の「画像消す」項目を 押したところ、下記エラーメッセージが表示されました。「指定されたメソッドを 探しましたがありませんでした」という意味のようです。 unrecognized selector sent to instance 試しに、メソッドのsender引数を削除したところ、項目を押しても落ちません でした(もちろん機能もしませんでしたが・・・)。 どなたか解決策をご教示いただけないでしょうか。 以上、何卒よろしくお願いいたします。 解決…(Continue Reading)

xcode6でiOS8シュミレータで英語のUIしか表示されない

投稿者: Anonymous xcode5でiOS7用アプリを作り、UIはストーリーボードで英語と日本語を作りました。 en.lproj  MainStoryboard_iPhone.storyboard ja.lproj  MainStoryboard_iPhone.storyboard そのアプリをiOS8に対応させることにしました。 xcodeを6にアップデートしました。 とりあえずビルドしてiOS8シュミレータで起動すると、設定で言語を日本語にしても英語版のUIしか表示されません。 なにか設定が足りないのでしょうか? シュミレータをiOS7にすれば正しくOSの設定の言語を切り替えればUIも切り替わります。 このアプリは私が作成した物ではなく、他の人が作ったiOS7用アプリを急にメンテすることを任されたのでxcodeの使い方やアプリの作成方法などのノウハウが私にはありません。 もしかしたら基本的な質問かもしれませんが、こちらで質問させていただくことにしました。 iOS開発にお詳しい方がいましたらよろしくお願いします。 解決 スキーマの設定にLanguageとRegionというのが増えていて、その設定が使用されるようになっています。 「Edit Scheme…」からスキーマの編集画面に行き、「Language」を「Japanese」、必要に応じて「Region」も「日本」に設定すると、日本語のUIで使用できます。 回答者: Anonymous

2つの画面を Segue でお互いに遷移させる為にはどうすればいいのでしょうか

投稿者: Anonymous iPhoneアプリを製作中です。 遷移元を画面A、遷移先を画面Bとします。現在の目標は、この二つの画面を お互いに Segue でループさせることです。画面Bは CollectionView です。 画面Aに配置したボタンをタップすると、ポップアップメニューが出てきます。 その中のメニューの一つに画面遷移用のボタンを実装しました。 実装方法は以下の通りです。Ryusuke Fuda’s Tech Blog – iOS Segueを使わずにコードで画面遷移を参考にしました。 遷移先の storyboad の Identity で、Use Storyboad ID にチェックを入れる Storyboad ID に遷移先のクラス名を入力する 遷移元のヘッダファイルに、遷移先のヘッダファイルをインポートする 遷移元の、画面遷移用ボタンに以下のコードを書き込む GamenBViewController *controller = [self.storyboard instantiateViewControllerWithIdentifier:@”GamenBViewController”]; [self presentModalViewController:controller animated:YES]; //モーダルで呼び出す 上記内容で画面 A から画面 B に遷移させました。 画面 B から画面 A には以下の内容で遷移させます。 ※ showDetail は Segue の名前です…(Continue Reading)

UITableViewのアコーディオン機能を特定のセクションでのみ停止させる方法

投稿者: Anonymous iPhoneアプリを製作中です。下記リンク先のサンプル(UITableViewにアコーディオン機能を 追加する)についてですが、特定のセクションでのみアコーディオン機能を停止させるには どうすればいいのでしょうか? iOSでセクションタップ方式のアコーディオン型TableViewライブラリを作ってみた。 以上、何卒よろしくお願いいたします。 解決 ざっと見ただけですが、リンク先のライブラリだと外からの開閉制御は想定していないように思います。 なので、 ライブラリ内に手を加える(MITライセンスなので問題は無いと思います) or ライブラリを参考に自作する になるのではないでしょうか。 個人的には自作した方が良いように思いますが、ライブラリ内に手を加えるのであれば、SGLAccordionTableView.mのtouchesEndedが主な対象になると思います。 // タッチが終了した時の処理 – (void)touchesEnded:(NSSet *)touches withEvent:(UIEvent *)event { ~中略~ ↓この辺とか // アコーディオンの開閉を実施 if(isExpanded){ [self expandSection:section rowCount:count]; }else{ [self collapseSection:section rowCount:count]; } ~中略~ } リンク先に プルリクエストお待ちしております ・コードによる開閉操作 と書いてあるので、作成者さんにプルリクエストしてみるのも面白いんじゃないでしょうか。 回答者: Anonymous

xcodeでアップロードファイルの検証の際、エラーが表示される

投稿者: Anonymous プログラミング初心者です。 作成したアプリを初めてappleに申請したいと思っています。 Xcodeからアプリをアップロードする際、調べてはみたものの解決できない問題に直面してしまいました。 Productメニューから「Archive」を選んだ後、アプリのデータをアップロードしても問題ないか検証のために「Validation」をクリックした後にエラーとなりました。 以下、エラー内容及びキャプチャー画像です。 Failed to locate or generate matching signing assets: Xcode attempted to locate or generate matching signing assets and failed to do so because of the following issues. Missing iOS Distribution signing identity for 私の名前 Xcode can request one for you Visit Member Center or Import Developer Profile エラーメッセージを読むと、「Xcodeはその問題を解決できます。」といった内容を…(Continue Reading)

podsのライブラリでコンパイルエラー

投稿者: Anonymous お世話になります podsのライブラリでコンパイルエラーになり、どうにも解決できず、抜け出せなくなってしまいました。 fmdb smcalloutview という二つのライブラリを(他にもありますが)使っているのですが、 以下のエラーで止まっております ld: warning: directory not found for option ‘-L/Users/shiratsu/Documents/NeoCafesagashi/Pods/build/Release-iphoneos’ ld: warning: ignoring file /Users/shiratsu/Library/Developer/Xcode/DerivedData/Build/Products/Debug-iphoneos/libPods-FMDB.a, file was built for archive which is not the architecture being linked (armv7): /Users/shiratsu/Library/Developer/Xcode/DerivedData/Build/Products/Debug-iphoneos/libPods-FMDB.a ld: warning: ignoring file /Users/shiratsu/Library/Developer/Xcode/DerivedData/Build/Products/Debug-iphoneos/libPods-SMCalloutView.a, file was built for archive which is not the architecture being linked (armv7): /Users/shiratsu/Library/Developer/Xcode/DerivedData/Build/Products/Debug-iphoneos/libPods-SMCalloutView.a ld:…(Continue Reading)

iOSアプリ終了時の位置情報取得について。SignificantLocationChanges

投稿者: Anonymous お世話になります。 位置情報を利用したアプリを作っているのですが、思うように位置情報の切り替えが出来ません。 具体的にはアプリ終了時(バックグラウンドでも生きていない)時の位置情報の取得です。 簡単なアプリの流れです。 ・ボタンを押す(off>on)と位置情報の取得開始CLLocationManagerのstartUpdatingLocationで取得開始。 ・バックグラウンド、アプリ終了時はstopUpdatingLocationをしstartMonitoringSignificantLocationChangesをして基地局ベースに切り替え。  実際にこの処理を行っているのはapplicationDidEnterBackground:です。(Notificationで呼び出し) ・フォアグラウンドに来た時はMonitoringSignificantLocationChangesをし、startUpDatingLocationに切り替え。  実際にこの処理を行っているのはapplicationWillEnterForeground:です。(Notificationでメソッド呼び出し) ・ボタンを押す(on->off)したらstopUpdatingLocationでGPSの取得終了。 SignificantLocationChangesだけを使用したサンプルでは成功したのですが、既存のアプリに組み込んだ場合、バックグラウンドでは取得に成功しているのですが、アプリを終了させたら取得できません。ステータスバーのGPSマークはon表示されているままです。 色々と試したりしたのですがどうも改善されず、またネットで探してみたりもしたのですが、わかりませんでした。 なにが原因かわかる方、意見などありましたらご教授ください。 解決 startMonitoringSignificantLocationChangesのドキュメントに書かれているように、一度アプリが終了された後に位置が変わったことが検出された場合、application:willFinishLaunchingWithOptions:に情報が渡されますので、その中で再度CLLocationManagerを初期化して、startMonitoringSignificantLocationChangesを呼び出す必要があります。 If you start this service and your app is subsequently terminated, the system automatically relaunches the app into the background if a new event arrives. In such a case, the options dictionary passed to the application:willFinishLaunchingWithOptions: and application:didFinishLaunchingWithOptions:…(Continue Reading)

cocos2d-Swiftのtemplateについて

投稿者: Anonymous cocos2d-Swiftのtemplateファイルに関してなのですが、 先日Swift対応のcocos2dをインストールして、ネットでテンプレート使用方法を調べたのですが cocos2d-xなどの解説しかなく、Swift版の詳しい解説はありませんでした。 とりあえずテンプレートの使用方法だけでも、と検索してみたのですが、そもそもcocos2d-Swiftのテンプレートファイルが見当たりません。 cocos2d-xではインストールすると、zipファイルを解凍した際にテンプレートファイルも同封されているみたいなのですが、Swift版ではFinder内で検索をかけてみても、それらしきファイルは見当たりません。 テンプレートファイルは別にダウンロードするものなのですか? それとも単に見落としているだけなのでしょうか? また、cocos2d-Swiftのテンプレートをコピーして、Xcode内で作業することは出来るでしょうか? (cocos2dのテンプレートを使用しながら製作していきたいのですが、Xcodeに慣れ始めているので、なるべくXcodeを使って製作を進めていきたいと思っています。上記のようにcocos2d内のテンプレートを使うのであれば、cocos2d内で製作の全てを進めたほうが賢明、などご意見がありましたら教えてくださると幸いです) 長文になりましたが、ご回答宜しくお願い致します。 解決 現在のCocos2D-Swift(Cocos2D-iPhone)はswift対応も含め変化の時期にあるようですね。 3.1頃まではXCodeにプロジェクトテンプレートが出来るインストーラーも存在して…という流れだったようですが、現バージョンでは少なくとも今はSprite Builderをインストールする方式だけのようです。 本家でも似た質問が上がっていますが、install_template.shなども存在しません。 ですので、XCodeのプロジェクトテンプレートを追加する方法は今のところないと思います。 シーンをSpriteBuilderで作成して(publishし)コードをXCodeで作成する流れになるようです。 すべてをXCodeで完結させたいのであれば、SpriteKitフレームワークを利用する方がいいのかもしれません。 自分に扱いやすいものを選択されるといいと思います。 ですが、前回 Cocos2D-Swiftを挙げたのにそれではちょっと申し訳ないので、2点サンプルを挙げたいと思います(興味がなければ読み飛ばして構いません)。 簡単なHello Worldの作リ方と、SpriteBuilderのクイックスタートチュートリアル動画に出てくるObjective-CコードのSwift版です。 XCode 6.1.1 SpriteBuilder 1.3.6 XCode, SpriteBuilderのインストールについては説明を省略します(普通にApp Storeなどから入れるだけです)。 Hello World アプリケーションの作成 プロジェクトの作成 SpriteBuilderのメニューから File > New > Projectと選択します。 Save As: プロジェクト名を適当に入れます(HelloCocos2dSwiftにしてみました) Where: 保存場所を指定します。後でXCodeから開くので覚えておいてください。 Privmary Language: Swiftにします。ただし現在はSwiftだとiOS 7以降かOSX 10.10以降限定となるので注意してください(Androidも多分まだ未サポートみたい?)。Objective-Cだとその制限はありません。 作成すると、青いバックに白い字でSpriteBuilderと表示されます。 ボタンの配置 左側を…(Continue Reading)

swiftでprotocolが入ったframeworkを作りたい

投稿者: Anonymous お世話になります タイトルの通り、swiftでprotocolの入ったframeworkを作りたいと考えております が、現在詰まっておりまして、framework自体はできたのですが、protocolがheaderファイルに見えてない状態でして、実質使えないという状態になって困っております // // ConnectionBySession.swift // ShotAlertForSwift // // Created by 平塚 俊輔 on 2015/04/07. // Copyright (c) 2015年 平塚 俊輔. All rights reserved. // protocol ConnectionResultBySession{ func showResult(resultMessage: String?) -> Void func handleErrorForConnection() } public class ConnectionBySession : NSObject,NSURLSessionDataDelegate{ // 参考: // NSURLConnection ttp://stackoverflow.com/questions/24176362/ios-swift-and-nsurlconnection // Delegate, Protocol ttp://qiita.com/mochizukikotaro/items/a5bc60d92aa2d6fe52ca // nilが入ってるなんてあり得ない! var urlStr…(Continue Reading)

Swift でメンバ変数に自分自身のクラスの型を持つと実行時に Unknown class としてエラー

投稿者: Anonymous こんにちは。 XCode + Swift の環境で iOS 向けの開発をしています。XCodeのバージョンは、 6.1.1 です。 クラス内に、自分自身のクラスの型の変数を宣言するとビルドは通るのですが、実行時にエラーとなります。ネットで検索すると、”Build Phases” の “Compile Sources” に入れるとかあるのですが、すでに入っています。またカスタムビューなどを使っているわけでもありません。 エラー内容: Unknown class X in Interface Builder file. ソースは以下となります: import UIKit class MyClass { var id : String = “” var name : String = “” var parent:MyClass = MyClass() // ←ここでEXE_BAD_ACCESSになります var children:[MyClass] = Array() init(){ }…(Continue Reading)

iPhoneのキーボードのボタンを再現したいのですが・・・

投稿者: Anonymous UIButtonを使用して、個別App用のキーボードを作成しています。 (iOS8に導入されたカスタムキーボードではありません) iPhoneの英語キーボードや、デフォルトアプリである計算機(Calculator)では、 ボタンをスワイプしていくと、タッチされている位置のボタンがハイライトされていき、 最終的にタッチを離した位置のボタンがタップされたようになります。 (キーボードの外からドラッグされてきた場合には、ボタンは反応しません) このような仕組みを実装したいのですが、うまく行きません。 なにか、よき解決方法、よき例などありましたら、示唆いただけないでしょうか? 現在、Swiftを使っていますが、Objective-Cでも構いません。 独力でできる範囲では、 self.addTarget(self, action: “buttonHighlight”, forControlEvents: UIControlEvents.TouchDown) self.addTarget(self, action: “buttonHighlight”, forControlEvents: UIControlEvents.TouchDragEnter) self.addTarget(self, action: “buttonUnhighlight”, forControlEvents: UIControlEvents.TouchUpInside) self.addTarget(self, action: “buttonUnhighlight”, forControlEvents: UIControlEvents.TouchDragExit) を組み込んだUIButtonのサブクラスを作成して、 TouchDownとTouchDragEnterでボタンをハイライト化 TouchUpInsideとTouchDragExitでボタンをハイライト解除 するみたいな方法を検討したのですが、TouchDragEnterが、 最初にボタンをタッチしたあと、一度、ボタン外にドラッグされて、「再度」ボタン内にドラッグされてきた 場合 を意味しているため、意図通りになりませんでした。 (このTouchDragEnterの挙動については、英語版のStackoverflowにもObjective-Cでの場合ですが、 記事がありました。) なお、 iPadの英語キーボードの場合には、最初にタッチされた場所のボタンがハイライト されたあと、ドラッグしてタッチされている位置がボタンの範囲から外れると、 そのボタンのハイライトが解除されるだけで、他のボタンがタッチされている状態に なっても、それぞれのボタンは反応しません。(ちなみに、ドラッグしたまま元のボタン に戻っても何の反応もしません) こちらは、上記の方法で、ほぼ同等の状態が出来ています。 (ドラッグしたまま元のボタンに戻ると、ボタンが押された状態になってしまいますが) 解決 ViewControllerにコードを追加する必要がありますが、このような方法はどうでしょうか。 ボタンが3つある場合のサンプルです。NSLog(“button released: %d”, index)の部分で最終的にタッチを離した位置のボタン番号を取得しています。…(Continue Reading)

iOSでAdmobを最新にしたらエラー

投稿者: Anonymous お世話になります iOS8でadmobの6はサポートされてないよってログに出てくるので、7にしようと思ってます。 で、cocoapodsでインストールしてるのですが、 Header Search Pathにある、admobのパスには、admobのファイルはおらず 以下のエラーで困っております ‘GADBannerView.h’ file not found ちなみに、現状はこちらです {15-02-26 20:06}[ruby-2.1.0]server:~/Documents/[email protected]✗✗✗✗✗✗ shiratsu% open NeoCafesagashi2015.xcworkspace {15-02-26 20:08}[ruby-2.1.0]server:~/Documents/[email protected]✗✗✗✗✗✗ shiratsu% ls Pods/Headers/Public FMDB PonyDebugger SMCalloutView SocketRocket {15-02-26 20:10}[ruby-2.1.0]server:~/Documents/[email protected]✗✗✗✗✗✗ shiratsu% cat Podfile source ‘https://github.com/CocoaPods/Specs.git’ platform :ios, ‘7.0’ pod ‘Google-Mobile-Ads-SDK’, ‘~> 7.0’ pod ‘SMCalloutView’ pod ‘PonyDebugger’ pod ‘FMDB’ ヘッダサーチパスは以下です “${PODS_ROOT}/Headers/Public/Google-Mobile-Ads-SDK” たしかにそんなとこには、ないので、直接、admobのファイルがある場所に向けたのですが、 今度は、Admobが二重で定義されてると怒られ、もう何が何だかわからず。。。 import “GADBannerView.h” static…(Continue Reading)

Swiftでpointer being freed was not allocatedを解決する手段は?

投稿者: Anonymous Swiftを使用してアプリを作成しています。 METALを利用してGPGPUを試みているのですが、GPUから値を得た後に、 下記のエラーが表示され、プログラムが止まります。 malloc: *** error for object 0x102ca4000: pointer being freed was not allocated *** set a breakpoint in malloc_error_break to debug 自分なりには調べているつもりなのですが、何が原因が特定できません。 メッセージの通り、malloc_error_breakをセットしてみたのですが、 止まるところはほぼ変わらず、その解析の仕方も分かりません。 せめて、object 0x102ca4000が何を示しているのかが、 分かれば少しは要因を解析できそうだと思うのですが、それを調べる方法も分かりません。 問題解決に向けて、助言をいただければと思います。よろしくお願いいたします。 コード全部を載せるのもどうかと思い、このような形で質問していますが、 コードを記載すべきであれば、そのようにご指導いただければと思います。 (現在の自分では、原因のありそうなところだけピックアップすることが 難しそうなので、全部載せるようなことになりそうです。そのようにして よいかどうか、のご意見でもいただければ幸いです。) 追記1; コードを載せたが方がよいとのコメントをいただきましたので、Gistに載せました。 よろしくお願いいたします。 追記2; 残念ながら、まだ問題は解決されていませんが、今の所の状況を追記しておきます。 var outptr = outputVectors.withUnsafeMutableBufferPointer({ ptr -> UnsafeMutablePointer<FloatVector> in return ptr.baseAddress }) var resultData…(Continue Reading)

XCode の boost を利用した開発で、特定のシュミレータ/Device 向けのビルドが失敗する

投稿者: Anonymous XCode 6.1.1 で boost-1.57.0 を利用した iOS 向けのアプリを製作しています。 iOS シュミレータ iPhone 5s, 6, 6Plus, iPad Airでビルドする際には問題ないのですが、他シュミレータ、Deviceでビルドすると以下のような警告と大量の referenced from エラーが出てビルドできません。 他シュミレータでビルドした場合 Undefined symbols for architecture i386: Device(iPhone 5S)でビルドした場合 ld: warning: ignoring file /Users/Himatya/src/boost/lib/libboost_serialization.a, file was built for archive which is not the architecture being linked (arm64): /Users/Himatya/src/boost/lib/libboost_serialization.a Undefined symbols for architecture arm64: どうすればビルドできるようになるでしょうか。 解決 (ライブラリの生成方法の参考情報ということで、)…(Continue Reading)

(CollectionViewとUIImageView使用)ボタンを押すごとに画像をファイル名の番号通りに切り替える

投稿者: Anonymous iPhone アプリを作成中です。 タイトルのとおり、「CollectionViewとUIImageViewを使用して、ボタンを押すごとに画像をファイル名の番号順に切り替えていく」ことをしたいです。具体的には、 ①画像ファイル (ファイル名: photo01〜10 )を用意する ②それらをCollectionViewを用いて一画面に全て並べて表示する ③並べた画面のうち一つをクリックすると、別画面に飛び、そこで、  クリックされた画像がImageViewで表示される ④(例えばphoto03をクリックして表示された場合で)クリックされた  画像が表示されている画面に配置した、  「次」ボタンを押すと、photo04がphoto03の代わりに表示される  「前」ボタンを押すと、photo02がphoto03の代わりに表示される ※①〜③を実現するプロジェクトは下記アドレスにあります。 https://github.com/onot2ndmix/CollectionViewDemo といった具合にしたいのですが、ソースはどのようなものになるのでしょうか? 不勉強で申し訳ありませんが、どなたかご教示いただけないでしょうか。 以上、何卒よろしくお願いいたします。 解決 (4) の動作を実現するポイントは、 データソースであるUIImageのリスト(そのプロジェクトではMasterViewController.photos)を外部に公開すること 単一表示画面(DetailViewController)で表示中のUIImageのリスト内でのインデックスを元に前後の画像を取得すること そのために(そのプロジェクトの構造で言えば)DetailViewControllerからMasterViewController.photosへアクセスできるようにすること 単一表示画面の表示を、取得した前(または後)の画像に更新すること です。 プロパティの外部公開 // MasterViewController.h @property (nonatomic, strong, readonly) NSArray *photos; // 読みのみで公開 // MasterViewController.m @interface MasterViewController () { … } @property (nonatomic, strong, readwrite) NSArray *photos; //…(Continue Reading)