django-paypal のPayPalPaymentsFormのnotify_url設定について

投稿者: Anonymous Django 1.6で、django-paypal を使用しています。 PayPalはIPNを使用しています。 https://django-paypal.readthedocs.org/en/stable/standard/ipn.html の3番目です。 PayPalPaymentsFormでのdictの設定で、 “notify_url”: “https://www.example.com” + reverse(‘paypal-ipn’), とありますが reverseメソッドが勝手にURLを生成してくれるので “notify_url”: reverse(‘paypal-ipn’) だけでいい気がしますが違いますでしょうか? そもそも、私はこのnotifyをよく理解してないのですが、何を通知するものなのでしょうか? When someone uses this button to buy something PayPal makes a HTTP POST 購入の処理の裏方作業を勝手にやってくれる何かをするということなのでしょうか。 何卒よろしくお願い致します。 解決 解決しました。IPNをPayPalでのサイトで設定が必要でした。 回答者: Anonymous

PayPal PHP SDKの使用時のエラーについて

投稿者: Anonymous PayPal PHP SDKの使用時にエラー「Class ‘PayPalRestApiContext’ not found (クラス’PayPalRestApiContext’が見つかりません)」が出るのはなぜですか? 解決 このエラーは、PHP SDKのファイルパスが見つからなかったことを示しています。 この問題を解決するには、Composerを使ってベンダーフォルダーを更新してください。以下に例を示します。 require(‘vendor/autoload.php’); $api = new PayPalRestApiContext( new PayPalAuthOAuthTokenCredential( $client_ID, $client_Secret ) ); $api->setConfig([ ‘mode’=>’sandbox’, ‘http.ConnectionTimeOut’=>30, ‘log.LogEnabled’=>false, ‘log.FileName’=>”, ‘log.LogLevel’=>’FINE’, ‘validation.level’=>’log’ ]); PayPalではテクニカルサポートの部署がありますので、何かPayPal実装関連の質問や技術的な質問がありましたら、下記URLで記事を検索してみてください。 https://jp.paypal-techsupport.com/ 上記URLの一番下の「お問い合わせ」リンクをクリックしてまたは下記URLをアクセスして質問を送信してください。 https://jp.paypal-techsupport.com/app/ask 回答者: Anonymous

定期決済と通常決済を同時に処理

投稿者: Anonymous “”定期決済”” と “”定期決済にかかる初期費用”” と “”最初の月の日割り料金”” を請求しようとしています。 1回の SetExpressCheckout ですべてを処理することは可能なのでしょうか。 定期決済は L_BILLINGTYPEn=’RecurringPayments’ で行い、 初期費用は CreateRecurringPaymentsProfile にある ‘INITAMT’ に含めようとしています。 日割り料金を SetExpressCheckout に含める場合にはどうすればよいでしょうか? L_BILLINGTYPEn を設定しようとしたのですが、 ‘RecurringPayments’以外のものを入れるとエラーになり何を入れればいいかわかりません。 また、L_BILLINGAGREEMENTDESCRIPTIONnを複数設定した場合(n=0,1)、 0番目のものしか表示されないのですが、すべて表示させたいと思っています。 解決 以下の実装をおすすめします。 SetExpressCheckout APIで、AMTに初月日割り分をセットしてAPIを呼び出す。 (同時にこちらで初期費用の設定もされることをお勧めします。CreateRecurringPaymentProfleのINITAMTは、即座に決済されないので利用しないほうがよいかとおもいます) PayPal画面に遷移。 支払い者は初月分(及び初期費用)決済と翌月以降の定期支払いに両方に同意する。 戻ってきたら、DoExpressCheckoutPayment API(AMTに初月日割り分及び初期費用をセット)を呼び出す。 引き続き、CreateRecurringPaymentProfile APIを呼び出す。 これにより、3のステップで初月分と初期費用がまず決済され、4のステップで翌月以降分が定期支払いとして定義されます。 SetExpressCheckoutでの具体的なパラメータですが、以下のような感じがよいかと思います。 (初期費用が1000円、日割り分が100円とした時の例) PAYMENTREQUEST_0_AMT=1100 PAYMENTREQUEST_0_CURRENCYCODE=JPY L_PAYMENTREQUEST_0_NAME0=初期費用 L_PAYMENTREQUEST_0_AMT0=1000 L_PAYMENTREQUEST_0_QTY0=1 L_PAYMENTREQUEST_0_DESC0=初期費用の説明 L_PAYMENTREQUEST_0_NAME1=初月日割り分 L_PAYMENTREQUEST_0_AMT1=100 L_PAYMENTREQUEST_0_QTY1=1 L_PAYMENTREQUEST_0_DESC1=初月日割り分の説明 L_BILLINGTYPE0=RecurringPayments L_BILLINGAGREEMENTDESCRIPTION0=定期支払いの説明 回答者: Anonymous

定期支払いのPayPal REST APIを実装する方法を教えてください。

投稿者: Anonymous PayPal REST APIで定期支払いをどう実装するのでしょうか。 解決 定期支払いのPayPal REST APIを実装するには、次の4つのステップがあります。 1. 請求設定の作成(Create a plan) 2. 請求設定の有効化(Update a plan(Active a Plan)) 3. 請求処理規約の作成(Create an agreement under a plan) 4. 請求処理規約の実行(excute the agreement) 開始する前に、ご使用の REST APIアプリの設定で、REST APIのアプリ購読(Subscriptions)がオンに切り替えられていることを確認します。 請求設定の作成: https://developer.paypal.com/docs/api/#create-a-plan curl -k -v -H “Content-Type:application/json” -H “Authorization: Bearer ACCESS_TOKEN” -d ‘{“name”:”Test REST Club Plan”, “description”:”Template creation.”, “type”:”fixed”, “payment_definitions”:[{“name”:”Regular Payments”,…(Continue Reading)

定期支払のIPNについて(試用期間中の0円決済)

投稿者: Anonymous 試用期間中の決済通知について教えてください。 現在、Sandboxで設定している定期支払いでは、試用期間が0円の場合、試用期間中の通知が行われていないように思われます。 (試用期間中が0円でなければ通知されることが確認できています) 解決 PayPalの定期支払のことについてですね? 試用期間の料金を0円に設定していた場合は、IPNにて0円決済の通知は行われません。 回答者: Anonymous

PayPalの定期決済の明細取得について

投稿者: Anonymous Merchant API等で、プロファイルの決済情報のような情報って取得できるのでしょうか? 解決 プロファイルIDで取得可能です。TransactionSearch APIで、定期支払プロファイルID(PROFILEID)をキーに取引情報を取得してみてください。 TransactionSearch API https://developer.paypal.com/docs/classic/api/merchant/TransactionSearch_API_Operation_NVP/ 回答者: Anonymous

PayPalのAPIエラーコード10002(Security header is not valid)

投稿者: Anonymous PayPalのAPIを呼び出す際に、Security header is not valid 10002のエラーが出ました、どこかに問題があるのでしょうか。 下記、PayPalからのレスポンスです: TIMESTAMP=2016-05-10T03:56:19Z CORRELATIONID=5381abcd3dbea ACK=Failure VERSION=109.0 BUILD=22331161 L_ERRORCODE0=10002 L_SHORTMESSAGE0=Security error L_LONGMESSAGE0=Security header is not valid L_SEVERITYCODE0=Error 解決 エラーコード10002はAPI署名などが正しくない場合が出ますので、 下記手順でもう一度APIユーザー名、パスワード、署名を確認し、修正すればエラーが出なくなると思います。 www.paypal.comでログインして、「個人設定>販売ツール>API アクセス」で更新をクリックします。 または、下記URLにアクセスします: https://www.paypal.com/cgi-bin/customerprofileweb?cmd=_profile-api-access 表示されている「APIアクセス」画面で「API署名の表示」リンクをクリックしたら、API署名が表示されます。 また、10002エラーの詳細については下記を参考してくだい。 https://www.paypal-knowledge.com/infocenter/index?page=content&id=FAQ1030&pmv=print&impressions=false&viewlocale=ja_JP https://www.paypal-knowledge.com/infocenter/index?page=content&id=FAQ1994&pmv=print&impressions=false&viewlocale=ja_JP 回答者: Anonymous

PayPalのAPIエラーコード10412について教えてください。

投稿者: Anonymous PayPalの決済ページにリダイレクトされる際、下記エラーが出ました: 「この請求は支払い済みです。詳しい情報については、マーチャントにお問い合わせください。」 Payment has already been made for this InvoiceID また、SetExpressCheckoutを呼び出した際、下記のエラーがでました: L_ERRORCODE0=10412 Duplicate invoice このエラーになる原因は何でしょうか、どう対応しますでしょうか。 解決 このエラーが発生する原因は、マーチャントのウェブサイトからPayPalに渡した「請求書ID」のパラメータは以前の取引の「請求書ID」と重複しています。 「請求書ID」のパラメータは、 ウェブサイトペイメントスタンダードの場合、「invoice」パラメータです、 https://developer.paypal.com/docs/classic/paypal-payments-standard/integration-guide/Appx_websitestandard_htmlvariables/ エクスプレスチェックアウトの場合、SetExpressCheckout APIの「PAYMENTREQUEST_0_INVNUM」パラメータです、 https://developer.paypal.com/docs/classic/api/merchant/SetExpressCheckout_API_Operation_NVP/ アカウントのデフォルト設定では「請求書ID」が重複するとエラーになります。 「請求書ID」を重複しても問題ないマーチャントに対して、下記の手順でこの設定を変更することができます。 www.paypal.comでログインして、個人設定->販売ツール->支払い受取りを拒否する で更新をクリックし、下記の設定項目で「いいえ」を設定して保存してください。 支払いが間違って処理された場合、その支払いの受け取りを拒否する。 支払いの間違いを防ぐために、請求書IDが重複している支払いの受け取りを拒否します。 はい。請求 ID 別に多重の支払を拒否する。 いいえ。請求 ID 別に多重の支払を許可する。 PayPalではテクニカルサポートの部署がありますので、何かPayPal実装関連の質問や技術的な質問がありましたら、下記URLで記事を検索してみてください。 https://jp.paypal-techsupport.com/ 上記URLの一番下の「お問い合わせ」リンクをクリックしてまたは下記URLをアクセスして質問を送信してください。 https://jp.paypal-techsupport.com/app/ask 回答者: Anonymous

PayPalでクレジットカードで決済した後、リダイレクトは自動的に行われない。

投稿者: Anonymous バイヤーがクレジットカード決済方法で決済した後、決済完了画面が表示されるまま、リダイレクトは自動的に行われない。HTMLのFormでPayPalのボタンを作成しましたが、自動復帰機能もアカウントで有効に設定しています。 解決 PayPalのウェブペイメントスタンダードを利用している、かつ買い手様がクレジットカードで決済する場合では、 決済完了画面で「******のページに戻る」のリンクまたはボタンが表示され、そのリンクをクリックしないとリダイレクトされないのは仕様です。 ただ、そのリンクのテキストを変更することはできます。 HTMLのフォームに、”cbt”というパラメータを設定すれば、そのリンクのテキストをカスタマイズできます。 “cbt”パラメータの詳細は下記ページで”cbt”を検索してください。 https://developer.paypal.com/docs/classic/paypal-payments-standard/integration-guide/Appx_websitestandard_htmlvariables/ ちなみに、ウェブペイメントプラスサービスを利用すれば、バイヤーがクレジットカードで支払った直後にマーチャントのサイトに自動的にリダイレクトすることが可能になります。 ウェブペイメントプラスの場合、取引ごとの手数料以外に、月額手数料があります、具体的には下記のページをご参考ください。 https://www.paypal.jp/jp/contents/service/web-payment-plus/ インテグレーションガイドも上記URLに含まれています。 PayPalではテクニカルサポートの部署がありますので、何かPayPal実装関連の質問や技術的な質問がありましたら、下記URLで記事を検索してみてください。 https://jp.paypal-techsupport.com/ 上記URLの一番下の「お問い合わせ」リンクをクリックしてまたは下記URLをアクセスして質問を送信してください。 https://jp.paypal-techsupport.com/app/ask 回答者: Anonymous

Paypalアカウントの状態確認

投稿者: Anonymous Adaptive Paymentsの連鎖支払でお金を受け取るにはプレミア会員になる必要があるらしいですが、対象会員のステータス(プレミア会員なのか)をAPIから確認することはできるのでしょうか。 解決 GetVerifiedStatus APIでPayPalアカウントのアカウントのステータスを取得できますよ。 https://developer.paypal.com/webapps/developer/docs/classic/api/adaptive-accounts/GetVerifiedStatus_API_Operation/ 回答者: Anonymous

連鎖決済にてPENDDINGになっている支払の返金

投稿者: Anonymous 連鎖決済にてPENDDINGになっている支払に対して返金処理(Refund API) もしくは決済の取消の処理を行うことができるか? 可能な場合、通常の返金処理と同様にRefund API を実行すればよい認識で問題ないか? 解決 Refund API を使用して全額返金は可能ですが一部返金はできないと思いますよ。 回答者: Anonymous

自分のサイトの取引ステータスとPayPalの取引ステータスを同期する方法

投稿者: Anonymous PayPalにおいて、自分のサイトの取引ステータスとPayPal上の取引ステータスを同期する方法はありますでしょうか。 取引ステータスだけではなく、PayPalから取引の詳細を取得し、自分のウェブサイトのバックエンドシステムをいろいろ更新したいのですが、その機能はどう設定するのでしょうか? 解決 マーチャントのウェブサイトの取引ステータスとPayPalの取引ステータスを同期するには、即時支払い通知(IPN)サービスを利用してください。 即時支払い通知(IPN)は、リアルタイムでの購入確認を処理するためのPayPalの決済APIです。IPNを使用して、ソフトウェアのダウンロード、ユーザーログイン、およびその他のPayPal対応のウェブサービスおよび通信を管理できます。IPNを使用すると、お客さまのサーバーに取引詳細を送信することによって、PayPal支払いをいつ受け取っても取引のステータスがいつ変更されても、業務の特定部分を自動的に処理できます。 通常はマーチャントのサイトでプログラム(IPNリスナー)を作成してIPNメッセージを解析して、サイト上の注文ステータス更新やほかの決済後の処理をします。 IPN機能の詳細とIPNリスナー作り方は下記のアドレスをご参考ください: https://developer.paypal.com/webapps/developer/docs/classic/ipn/integration-guide/IPNIntro/ IPNリスナーサンプルコード https://github.com/paypal/ipn-code-samples PayPalではテクニカルサポートの部署がありますので、何かPayPal実装関連の質問や技術的な質問がありましたら、下記URLで記事を検索してみてください。 https://jp.paypal-techsupport.com/ 上記URLの一番下の「お問い合わせ」リンクをクリックしてまたは下記URLをアクセスして質問を送信してください。 https://jp.paypal-techsupport.com/app/ask 回答者: Anonymous

DoExpressCheckoutPayment 呼び出し時のエラーについて

投稿者: Anonymous PayPalのエクスプレスチェックアウトの処理時に以下2つのエラーが返ってきました。 L_ERRORCODE0: 10422 L_SHORTMESSAGE0: Customer must choose new funding sources. L_LONGMESSAGE0: The customer must return to PayPal to select new funding sources. L_SEVERITYCODE0: 空 L_ERRORCODE0: 10486 L_SHORTMESSAGE0: This transaction couldn’t be completed. L_LONGMESSAGE0: This transaction couldn’t be completed. Please redirect your customer to PayPal. L_SEVERITYCODE0: 空 これはどんなエラーかわかるかたいますか?エラー原因に合わせて注文者にメッセージを出そうかと思っているのでよろしくお願いいたします。 解決 【 L_ERRORCODE0: 10422】 支払い方法(資金源)に問題があり決済できないというエラーだと思います。別の支払い方法の案内をしてはどうでしょうか。また、再度決済してもらうには、もう一度SetECから実行してもらう必要があるはずです。ただ根本の原因はわからないので、そこはカード会社に聞くしかないでしょうね。 【…(Continue Reading)

PayPal決済ページのエラー:データが入力文字セットまたはデフォルトのエンコーディングに一致しません。

投稿者: Anonymous PayPalボタンをクリックすると、下記のエラーが表示されます。 データが入力文字セットまたはデフォルトのエンコーディングに一致しません。詳細情報については、マーチャントにお問い合わせください。 Data does not match input character set or default encoding. For more information, please contact the merchant. 正規期間が無効です。購読に関するA3、P3、及びT3パラメータに有効な値を指定する必要があります。 Invalid Regular period. You must specify valid values for the A3, P3 and T3 parameters for a subscription. 解決 基本的にこのエラーは、マーチャントのウェブサイトのエンコーディングがアカウント上のエンコーディングと違う場合は発生します。 下記の手順でアカウントのエンコーディング設定を確認できます。 ① www.paypal.comでログインし、イアカウント->個人設定->販売ツール で、「PayPalボタンの言語コード化」をクリックする または、下記URLにアクセスする: https://www.paypal.com/cgi-bin/customerprofileweb?cmd=_profile-language-encoding ② 詳細オプション」ボタンをクリックする。 次の画面で表示されているエンコーディングはマーチャントのウェブサイトのエンコーディングと一致しなければなりません。 マーチャントのウェブサイトのエンコーディングはUTF-8が圧倒的に多いので、 その画面でUTF-8を選択し、保存してから、ボタンの遷移を再確認してみたください。 PayPalではテクニカルサポートの部署がありますので、何かPayPal実装関連の質問や技術的な質問がありましたら、下記URLで記事を検索してみてください。 https://jp.paypal-techsupport.com/ 上記URLの一番下の「お問い合わせ」リンクをクリックしてまたは下記URLをアクセスして質問を送信してください。…(Continue Reading)

PayPalアカウントなしでクレジットカードで決済する方法はありますか、どう設定するのか

投稿者: Anonymous PayPal支払い画面で、支払方法を選択する場所に、ある時は、「PayPalアカウントから支払う」と「クレジットカードで支払う」になり、ある時は「PayPalアカウントから支払う」と「PayPalアカウントの作成」になります。その表示が変わる原因はなんでしょうか。 またパラメータなどを設定することで「クレジットカードで支払う」の表示で固定する方法はありますか。 解決 PayPalのウェブサイトペイメントスタンダードまたはエクスプレスチェックアウトを利用している場合、PayPalの仕様としては、必ずゲストチェックアウト(PayPalアカウントなしにクレジットカード決済)できることではございません。 直接クリジットカードで支払うできるかどうかはPayPalサーバーから判定されます、 その決済にリスクがあると判断されたら、詐欺などを防ぐために、強制的アカウント作成が要求される場合があります。 判断結果に影響する要素は、例えば売り手の国、買い手のIPの地域、ブラウザのクッキー、端末の種類、支払いの時間、ほかにもいろいろあります。 ただ、具体的な判断基準はPayPal内部情報、非公开となっています。 PayPalでは、ウェブペイメントプラス(Website Payments Plus)という直接クレジットカード決済をサポートしているサービスがあります。 ウェブペイメントプラスの場合、取引ごとの手数料以外に、月額手数料があります、具体的には下記のページを参考してください。 https://www.paypal.com/jp/webapps/mpp/webpayment-plus 導入ガイド: https://www.paypalobjects.com/webstatic/ja_JP/developer/docs/pdf/paymentsplus_jp.pdf PayPalではテクニカルサポートの部署がありますので、何かPayPal実装関連の質問や技術的な質問がありましたら、下記URLで記事を検索してみてください。 https://jp.paypal-techsupport.com/ 上記URLの一番下の「お問い合わせ」リンクをクリックしてまたは下記URLをアクセスして質問を送信してください。 https://jp.paypal-techsupport.com/app/ask 回答者: Anonymous

PayPal購入画面について

投稿者: Anonymous SetExpressCheckoutにて商品名、購入金額等を渡していますが、PayPal購入画面に商品名、購入金額等が表示されなくて困ってます。 指定方法は以下のようになっています。 何か指定方法に不備があるか、わかる方ご解答お待ちしております。 $ec_request =& PayPal::getType(‘SetExpressCheckoutRequestType’); $ec_request->setVersion(“51.0”); // Set request-specific fields. $paymentAmount = ($aPurchaseCommodityInfo->unit_price * $aPurchaseCommodityInfo->amount) + $aPurchaseCommodityInfo->postage; $currencyID = ‘USD’; // or other currency code (‘GBP’, ‘EUR’, ‘JPY’, ‘CAD’, ‘AUD’) $paymentType = ‘Sale’; // or ‘Order’ or ‘Authorization’ $ec_details =& PayPal::getType(‘SetExpressCheckoutRequestDetailsType’); $ec_details->setReturnURL($aReturnUrl); $ec_details->setCancelURL($aCancelUrl); $ec_details->setPaymentAction($paymentType); $ec_details->setNoShipping(‘1’, ‘iso-8859-1’); //PayPal画面に配送先住所未表示 $amt_type =& PayPal::getType(‘BasicAmountType’); $amt_type->setattr(‘currencyID’, $currencyID);…(Continue Reading)

PayPal 即時支払い通知(IPN)警告メールが届いたらどう対応しますか

投稿者: Anonymous PayPalから下記メールが届きましたが、これはどういう意味ですか、どう対応するのでしょうか 日本語版: **** 様 PayPal即時支払い通知(IPN)を処理しているサーバーをご確認ください。以下のURL宛てのIPNが正常に実行されていません。 https://www.xxx.com/xxx このURLにお心当たりのない場合は、ご契約のサービスプロバイダがお客さまを代行してIPNを使用している可能性があります。サービスプロバイダに連絡して上記の情報を伝えてください。問題が続く場合は、お客さまのアカウントのIPNが無効になる場合があります。 迅速なご対応ありがとうございます。 どうぞよろしくお願いいたします。 PayPal パスワードは厳重に管理してください パスワードは、PayPal従業員を含め、誰にも教えないでください。また、不正なウェブサイトに誤ってアクセスすることのないように、アカウントにログインするたびに新しくウェブブラウザ (Internet Explorer や Firefox 等) を開いて、PayPalの URL を入力するようにしてください。 本メールの送信アドレスは送信専用となっておりますので、このメールへの返信によるご質問、お問い合わせにはお答えしかねます。ご質問・お問い合わせがございましたら、PayPalのホームページの”[ヘルプ]” リンクよりお願いいたします。 Copyright © 2010-2016 PayPal. All rights reserved. PayPal Pte. Ltdはシンガポール法人です。PayPal Pte. Ltdは、資金移動業の役務提供を行う資金移動業者として日本国金融庁に登録されています。関東財務局長第00026号 英語版: Subject: PayPal Instant Payment Notification Warning Dear ******, Please check your server that handles PayPal Instant Payment Notifications…(Continue Reading)

PayPalのAPI情報(APIユーザー名、APIパスワード、API署名)の取得方法

投稿者: Anonymous PayPalのAPI情報(APIユーザー名、APIパスワード、API署名)の取得方法を教えてください 解決 PayPalのAPI情報の取得方法は下記です: www.paypal.comでログインして、「個人設定>販売ツール>API アクセス」で更新をクリックします。 または、下記URLにアクセスします: https://www.paypal.com/cgi-bin/customerprofileweb?cmd=_profile-api-access 表示されている「APIアクセス」画面で「API署名の表示」リンクをクリックしたら、API署名が表示されます。 もし「API署名の表示」リンクがなければ、「API証明書の請求」があると思いますので、「API証明書の請求」リンクをクリックして、 次の画面で左の「API署名を請求してください。」のチェックボックスをクリックして、「同意して送信」をクリックしてください、 API署名は次の画面で表示されると思います。 PayPalではテクニカルサポートの部署がありますので、何かPayPal実装関連の質問や技術的な質問がありましたら、下記URLで記事を検索してみてください。 https://jp.paypal-techsupport.com/ 上記URLの一番下の「お問い合わせ」リンクをクリックしてまたは下記URLをアクセスして質問を送信してください。 https://jp.paypal-techsupport.com/app/ask 回答者: Anonymous

本番PayPalアカウントでIPNの警告メール

投稿者: Anonymous PayPalアカウントに「PayPal IPN URLに通知できなかった」旨の警告メールが来ました。 しかし、該当URLは普通にアクセスできます。なぜこのメールが届いたのかわかりません…。考えられる点としては、IPNで何らかのエラーが発生したときにHTTPステータスを404として返すようにしていました。これが原因なのかわかる方はいますでしょうか。 解決 PayPalは、IPNの接続先から200以外のレスポンスを受け取った場合は、送信できなかったと判断し、IPNを再送します。 https://developer.paypal.com/docs/classic/ipn/integration-guide/IPNImplementation/ IPNからのデータが正常にとれている場合、レスポンスは200を返すようにしてください。 この警告メールを受信した後も同じ状態が続く場合、PayPalは送信をやめてしまうようなので注意してください。 回答者: Anonymous

PayPal決済ページの言語はどう設定しますか

投稿者: Anonymous PayPal決済ページの言語はどう設定しますか。 アカウントで設定しますか、それともAPIなどで設定しますか。 解決 PayPal支払画面の表示言語は、PayPalサーバーで各要素を合わせて自動的に判断され、適当な言語を表示しています。 ①ブラウザの言語設定。 ②ブラウザのCookieに、PayPal関連のCookie。  (一度ログインしたユーザーでは、そのユーザーの言語設定がCookieに残り、 次回ではCookie により、この言語で表示されます。) ③ExpressCheckoutを使う場合:LOCALECODEパラメータ。Website Payments Standardを使う場合:lcパラメータ。 ④配送先国のパラメータ。ExpressCheckoutを使う場合:PAYMENTREQUEST_n_SHIPTOCOUNTRYCODEパラメータ。Website Payments Standardを使う場合:countryパラメータ。 マーチャント側で制御できるのは③です。③のパラメータの詳細は下記のURLを参考してください: LOCALECODEパラメータ(エクスプレスチェックをご利用の場合):「LOCALECODE」を検索する https://developer.paypal.com/docs/classic/api/merchant/SetExpressCheckout_API_Operation_NVP/ lcパラメータ(ウェブペイメントスタンダードをご利用の場合):「lc」を検索する https://developer.paypal.com/docs/classic/paypal-payments-standard/integration-guide/Appx_websitestandard_htmlvariables/#id08A6HI0709B 例えば、日本語表示にしたい場合、上記パラメータが「JP」を指定指定してください、英語表示にしたい場合、上記パラメータが「US」を指定指定してください。 PayPalアカウントでボタンを作成してウェブサイトに貼り付けているマーチャントでは、 lcパラメータを追加する方法はボタン編集ページで、ステップ3の「高度な変数を追加する」のところで、下記のような内容を追加します: lc=JP また、サードパーティーのショッピングカートを使用している場合では、ショッピングカートのソースコードを修正して上記のパラメータの値を変更する必要があるかと思います。 修正方法はショッピングカート問い合わせてください。 PayPalではテクニカルサポートの部署がありますので、何かPayPal実装関連の質問や技術的な質問がありましたら、下記URLで記事を検索してみてください。 https://jp.paypal-techsupport.com/ 上記URLの一番下の「お問い合わせ」リンクをクリックしてまたは下記URLをアクセスして質問を送信してください。 https://jp.paypal-techsupport.com/app/ask 回答者: Anonymous

PayPalのIPNのポストバックでINVALID検証結果の対応方法

投稿者: Anonymous PayPalのIPNのポストバックでINVALIDの検証結果が復帰されたが、どこが問題があるのでしょうか。 既にIPNメッセージをそのままhttps://www.paypal.com/cgi-bin/webscr?cmd=_notify-validateに送ったのに、なにか考えられる原因は有りますか。 解決 IPNのポストバックでINVALIDの結果が復帰したら、基本的にポストバックで送られてきたIPNメッセージはPayPalが発送したIPNメッセージと不一致であることを意味しています。 その原因は、エンコーディングが不一致のケースは最も多いです。 マーチャントのサイト上のプログラムのエンコーディングはアカウント上のエンコーディングと不一致であれば、IPN検証結果も不一致になるはずです。 下記の手順でアカウントのエンコーディング設定を確認できます。 www.paypal.comでログインし、イアカウント->個人設定->販売ツール で、「PayPalボタンの言語コード化」をクリックする または、下記URLにアクセスする: https://www.paypal.com/cgi-bin/customerprofileweb?cmd=_profile-language-encoding 詳細オプション」ボタンをクリックする。 次の画面で表示されているエンコーディングはマーチャントのウェブサイトのエンコーディングと一致しなければなりません。 マーチャントのウェブサイトのエンコーディングはUTF-8が圧倒的に多いので、 その画面でUTF-8を選択し、保存してから、IPNポストバックを再確認してみてください。 PayPalではテクニカルサポートの部署がありますので、何かPayPal実装関連の質問や技術的な質問がありましたら、下記URLで記事を検索してみてください。 https://jp.paypal-techsupport.com/ 上記URLの一番下の「お問い合わせ」リンクをクリックしてまたは下記URLをアクセスして質問を送信してください。 https://jp.paypal-techsupport.com/app/ask 回答者: Anonymous

PayPalの取引詳細に配送先住所情報がない

投稿者: Anonymous PayPalの取引詳細に配送先住所情報がないですが。 どう設定すればいいのでしょうか。 解決 取引詳細に配送先住所情報がない原因は、マーチャントのウェブサイトから送られた下記パラメータが「2」に設定されていません。 ウェブサイトペイメントスタンダードの場合、「no_shipping」パラメータ、https://developer.paypal.com/docs/classic/paypal-payments-standard/integration-guide/Appx_websitestandard_htmlvariables/ エクスプレスチェックアウトの場合、SetExpressCheckout APIの「NOSHIPPING」パラメータ https://developer.paypal.com/docs/classic/paypal-payments-standard/integration-guide/Appx_websitestandard_htmlvariables/#id08A6HI0J0VU このパラメータが2以外に設定すると、配送アドレスがなくても決済できるようになります。 配送アドレスがないと決済できないように設定したい場合は、このパラメータを2に設定してください。 また、サードパーティーショッピングカートをご利用の場合は、上記パラメータの設定方法についてはショッピングカートに問い合わせてください。 PayPalではテクニカルサポートの部署がありますので、何かPayPal実装関連の質問や技術的な質問がありましたら、下記URLで記事を検索してみてください。 https://jp.paypal-techsupport.com/ 上記URLの一番下の「お問い合わせ」リンクをクリックしてまたは下記URLをアクセスして質問を送信してください。 https://jp.paypal-techsupport.com/app/ask 回答者: Anonymous

django-paypal で PAYPAL_IDENTITY_TOKEN に設定する値がわからない

投稿者: Anonymous django-paypalを使用したいと思っています。 https://django-paypal.readthedocs.org/ PAYPAL_IDENTITY_TOKEN = “xxx” に値を設定するのですが、 PAYPAL_IDENTITY_TOKEN に相当する番号がどうしても見つかりません。 探した結果 https://stackoverflow.com/questions/8961544/how-do-i-get-identity-token-in-paypal-sandbox のサイトがヒットし、 この操作をしましたが、 その番号は表示されませんでした。 メールで送られれてくるものかと思いましたがそうではありませんでした。 どこにあるのでしょうか? 解決 その回答から引用して、一部太字にしました。 Visit the Profile via www.sandbox.paypal.com > Login > Profile and find “Website Payment Preferences”, enable ‘Auto Return’ and ‘PDT / Payment Data Transfer’. Once PDT is enabled, you’ll be given an ‘identity token’ for use with…(Continue Reading)