Azure DevOpsのWikiで相互参照を使う方法

投稿者: Anonymous 概要 Azure DevOpsのWikiページで画像や表などを参照するときに、相互参照を利用して参照番号を自動で割り振るようにするにはどのような方法がありますでしょうか? 詳細 素の状態のMD記法で相互参照を記述することはできませんが、ローカル環境でPDF出力する際などにはpandoc-crossrefを使うなどの方法があります。 これをAzure DevOpsで実現する方法はありますでしょうか? 解決 Azure Reposおよび、Project Wikiで扱えるのは素のWikiのみのはずなので、Pandocのようなポストプロセッサーを通して、PDFにしていただくしかないと思います。 回答者: Anonymous

GithubのREADMEでの内部リンク各セクションに貼る方法

投稿者: Anonymous GithubのREADMEでの内部リンクを貼る方法について を参考にして、READMEの内部リンクを作成を試みたのですが、内部リンクが貼れるのは最初のAboutのセクションだけであり、後のFunctionality以降にリンクが貼れません。 各内部リンクをクリックすると、各セクションの名前と#の数が一致するのですが、About以降のセクションは内部リンクが貼れません。 https://github.com/keshibat/github_collabo_practive/blob/master/README.md # Kendo Coupons ## Table of content * [About](#about) * [Functionality](###Functionality) * [Feature](##Feature) * [Tech stack](##Techddstack) * [Instruction](Instruction) * [Design process](##Tesigndproces) * [User Story](##UserdStory) * [A workflow diagram of the user journey](##Adworkflowddiagramdofdtheduserdjourney) * [WireFrames](##WireFrames) * [Database Entity Relationship Diagrams](##DatabasedEntitydRelationshipdDiagrams) * [Project plan & timeline](##Projectdpland&dtimeline) * [Trello](##Trello) * [Short Answer…(Continue Reading)

Markdown記法で見出しの次の行を空ける目的

投稿者: Anonymous 巷で見かけるREADME.mdは以下のようにして、 見出しの次の行を空白にしているものが多いようです。 git + hub = github ================== hub is a command line tool … GitHubとBitbucketでしか試していないのですが、 この空白行は設けずとも表示は正しくされるように思います。 この空白行を入れる目的は何でしょうか? 解決 本家Markdownのドキュメント では Setext-style headers are “underlined” using equal signs (for first-level headers) and dashes (for second-level headers). としか書かれていませんし、そこで配布されている Perl スクリプトでも ^(.+)[ t]*n=+[ t]*n+ と連続した空行を無視するように書かれていますから、必須というわけではありません。 とはいえ空行を入れないと、ただの区切り線に見えそうですし これは見出しだけど ================ これは本文なんです GitHub Flavored Markdown などの方言で使われるテーブル記法と紛らわしいですし First Header…(Continue Reading)

markdownでリモートサーバにある画像の表示と文章のpdf出力がしたい

投稿者: Anonymous 概要 markdownにリモートサーバ内の画像を表示することは可能でしょうか? また、可能であるならばどのような表記をすればよいでしょうか? 詳細 ローカルにあるmarkdownファイルにリモートのファイルサーバにある画像ファイルを表示させ、pandocを使ってpdfファイルにエクスポートしようとしています。 ![サンプル](file://image-server/path-to-image/sample.PNG) 上記のようにファイルパスを記述してもVSCodeのプレビュー画面には画像は表示されず、pandocとlatexでpdfにエクスポートしようとしても、下記のようなエラーメッセージが表示されます [WARNING] Could not fetch resource ‘file://image-server/path-to-image/sample.PNG’: InvalidUrlException “file://image-server/path-to-image/sample.PNG” image with description. VSCodeの編集画面のほうで、URL部分をマウスオーバーしたときに表示される「リンク先を表示」をクリックすると表示したい画像がVSCode内に表示されます 期待する動作 VSCodeのプレビュー画面にリモートサーバにある画像が表示される pandocとlatexを使ってpdfにエクスポートしたとき、pdfファイルにリモートサーバにある画像が表示される 環境 OS: Windows10 (ローカル及びリモートサーバの両方) エディタ: VSCode 1.43.2 pandoc/latex: k1LoW/docker-alpine-pandoc-ja コンテナのlatest 解決 file URI はローカルのファイルシステム上にあるファイルを参照するためのものです。 オンラインにあるファイルを表示するためには他の適切なプロトコルを指定してください。典型的には https:// です。 SSH で接続できるサーバーであれば、手元で試していませんが ssh:// を使った URI によるアクセスも可能かもしれません。ただ、普通はそうはせずにローカルに画像ファイルもダウンロードした上で作業するか、Markdown ファイルも SSH 先に置いて VS Code のリモート開発機能を使って作業するか、にしそうです。というのも ssh:// を使った…(Continue Reading)

Markdown に含まれるコードをシンタックスハイライトするには?

投稿者: Anonymous Markdown で書いた文書にシンタックスハイライトした形でソースコードを掲載したいと考えています。Pygments 等のツールを使って Markdown 中のコードをハイライトするにはどうすれば良いでしょうか? コマンドラインで動作する Markdown→HTML 変換ツールでシンタックスハイライトができるようなツールがあれば教えていただきたいです。またできれば GitHub-flavored Markdown が扱えればなお嬉しいです。 よろしくおねがいします。 解決 Grip – Github Readme Instant Preview を使ってみるのはどうでしょうか. 以下のコマンドを実行してインストールし, % pip install grip 以下のコマンドを実行すると Github-flavored Markdown なファイル (file.md) が HTML (file.html) に変換されます.文章中のソースコードは Pygments によってシンタックスハイライトされます. % grip –export –gfm file.md 補足: –export オプションを指定しない場合は,localhost:5000 を Web ブラウザで開くことで変換後の内容を閲覧できます. Grip 3.0.0 と Python 3.4.0 の組み合わせでは…(Continue Reading)

PandocでMarkdownからPDFを生成する際のイメージへのパスが「Could not find image」となる問題について

投稿者: Anonymous 現状の問題 Pandocを利用してMarkdownで書かれたファイルをPDFに変換しようとしています。 現在、Markdownのファイルは下記のようなフォルダ構成で配置しています。 root/ +- images/ +- test.png +- docs/ +- doc1.md doc1.mdのファイル内容は下記のようになっています。 # テストドキュメント ![テストイメージ](../images/test.png) 上記のような構成で、rootフォルダ上で下記のコマンドを実行します。 pandoc docs/doc1.md -o doc1.pdf -V documentclass=ltjarticle –latex-engine=lualatex すると、下記のエラーが発生してしまいます。 pandoc.exe: Could not find image `../images/test.png’, skipping… イメージのパスを./images/test.pngとすれば正常に出力されることはわかっているのですが、doc1.mdはHTMLとしても表示したいため、doc1.mdファイル内のイメージへのパスを書き換えることなくPDFへの出力を実現したいと考えています。 当初はimagesフォルダをrootフォルダと同階層にコピーして実行することで解消していましたが、docsフォルダ内をさらにサブフォルダに分割したところ、imagesフォルダへの相対パスが深くなってしまったため、imagesフォルダのコピーでは手順が面倒になってしまった次第です。 知りたいこと Pandocでの生成時にドキュメントベースを指定できるようなオプションはないでしょうか? MarkdownからPDFへの変換は一度Latexにされるのですが、Latexのオプションでドキュメントベースを指定できるようなオプションはないでしょうか? Markdownファイル内の記述についてHTMLでも利用可能な共通的なパスの指定方法はありませんか? その他こうしたほうが良いなど 解決 Pandocでの生成時にドキュメントベースを指定できるようなオプションはないでしょうか? こちら Request for change: adding optione to define basepath・Issue #785 を読む限りでは、 $…(Continue Reading)

pagedown-bootstrap-railsでプレビューが表示されない。

投稿者: Anonymous 前提・実現したいこと pagedown-bootstrap-railsを実装したいです。 発生している問題・エラーメッセージ プレビューが表示されません。 該当のソースコード 以下、実装手順とともに該当コードを記します。 【Gemfile】 gem ‘bootstrap-sass’ gem ‘font-awesome-rails’ gem ‘simple_form’ gem ‘pagedown-bootstrap-rails’ 【markdown_apis.coffee】 $ -> $(‘textarea.wmd-input’).each (i, input) -> attr = $(input).attr(‘id’).split(‘wmd-input’)[1] converter = new Markdown.Converter() Markdown.Extra.init(converter) help = handler: () -> window.open(‘http://daringfireball.net/projects/markdown/syntax’) return false title: "<%= I18n.t(‘components.markdown_editor.help’, default: ‘Markdown Editing Help’) %>" editor = new Markdown.Editor(converter, attr, help) editor.run()…(Continue Reading)

Markdownでリストの後に続けてコードを書きたい場合

投稿者: Anonymous Markdownでリストとコードブロックを続けて、 – リスト1 – リスト2 var x = 1; と書くと リスト1 リスト2 var x = 1; となってしまい、var x = 1;の箇所が意図したコードブロックになりません。 リストとコードの間に見出しを入れると上手くいくのですが、リストに続けてコードを書きたい場合は、どう書いたらよいのでしょうか? [追記]以下のような出力結果にしたいです。 リスト1 リスト2 var x = 1; 解決 間になにか挟む。インライン要素か、コメントでいい。 コメント – リスト1 – リスト2 <!– –> var x = 1; リスト1 リスト2 var x = 1; 空白エンティティ – リスト1 – リスト2 &nbsp;…(Continue Reading)

thタグを縦に表示するhtmlテーブルを、マークダウン経由で表示できる? そもそもhtml的に正しい?

投稿者: Anonymous Q1.下記リンク先で「1列目を見出しに指定したテーブル例」が掲載されていますが、マークダウンでこういったhtml(thタグを縦に並べたテーブル)を表示することは出来るでしょうか? ・マークダウン拡張としての例はない? <table border="1"> <tr> <th>見出し1</th> <td>データ1-1</td> <td>データ1-2</td> </tr> <tr> <th>見出し2</th> <td>データ2-1</td> <td>データ2-2</td> </tr> <tr> <th>見出し3</th> <td>データ3-1</td> <td>データ3-2</td> </tr> </table> Link Q2.これまで全く気にしていなかったのですが、thタグが縦に並んでいるテーブルはそもそもHTMLとして正しいのでしょうか? ・theadとtbodyに分離出来ないと思うのですが…… ・別に分離しなくても良い? 解決 A1. マークダウンではサポートしていないと思います。そのままHTMLで書くしかないでしょうね。 A2. 以下のHTMLをMarkup Validation Serviceで検証してみましたが、特にエラーは出ませんでした。FireFoxでも正常に表示されます。なので、おそらく問題はないと思います。 <!DOCTYPE HTML PUBLIC “-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN” “http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd”> <html> <head> <title>My Title</title> </head> <body> <table border=”1″> <tr> <th>見出し1</th> <td>データ1-1</td> <td>データ1-2</td> </tr> <tr>…(Continue Reading)

RmarkdownでWordファイルの生成

投稿者: Anonymous Rmarkdownを用いて.RmdファイルからWordファイルの生成を行っていますが2つ気になるところがあるので質問させていただきます。 1,TeXを用いてpdfファイルを作る場合は自動でページ数が振られるので問題ないのですが、Wordファイルの場合は自動でページ数を入れる方法はあるのでしょうか? 2,普通にWordを用いて文書作成するときと比べRmdファイルから生成した場合行間がスカスカになるのですがどのように対処すればよいでしょうか?(特に見出しの##などを用いたあたりがスカスカになります) どちらも生成されたdocxファイルを弄っても解決できますがRmdファイルから解決する方法があれば知りたいです。よろしくお願い致します。 解決 1と2の両方について,docx形式の場合,RMarkdown上での設定はありません。しかし,予めWordでページ設定をした.docxファイルを準備し,Rmdファイルの冒頭で以下のように指定するとできるはずです: — title: “Habits” output: word_document: reference_docx: mystyles.docx — このように,すでに自分用にカスタマイズした書式参照用のdocxを準備して読みこませれば解決します。ただ一から設定を構築するには手間がかかりますので,一旦適当なRmdファイルをdocxで出力し,そのファイルに対して書式設定を施すと楽になると思います。 これについては,英語ですが,この資料が参考になるかと思います。 http://rmarkdown.rstudio.com/articles_docx.html 回答者: Anonymous

cebe/markdownで、URLをリンクテキストへ自動変換したくない

投稿者: Anonymous 「cebe/markdown」を使用してマークダウンをHTML変換する際、URLテキストがあっても自動的にaタグへ変換しないようにしたいのですが、可能でしょうか? 解決 GitHub flavored Markdown では URL が自動的にハイパーリンクになりますが、Traditional Markdown と Markdown Extra ではそうなりません(例)。 また、cebe/markdown では独自に言語仕様を拡張できるようですので、それを用いて処理を変えることができるかもしれません。README.md の “Extending the language” に詳細が書かれています。 回答者: Anonymous

Problema con acentos al compilar HTML en R-Markdown

publicado por: Anonymous tengo el siguiente problema: Al crear una gráfica, trabajando desde R-Markdown, y al cambiar el título y en este se incluye un carácter especial como acentos, ñ, etc. tengo que cambiar el enconding y coloco la siguiente instrucción: Sys.setlocale(“LC_CTYPE”, ‘en_US.UTF-8’) y acepta los caracteres especiales al correr el chunk donde esta la…(Continue Reading)

Markdown で #見出し で「C#」と表示させたい

投稿者: Anonymous Typora というMarkdownエディタで、ドキュメントを書いているのですが 見出し行に「C#」と表示させたいのですが 期待通りに表示されません。 ###C# と書くと 「C」と表示されます。 エスケープするのかと思い ###C# とかくと 「C」と表示されます。 行頭に「#」は書かずに、次の行に「===」を書けば表示は出来るのですが、ドキュメント内の書式の一貫性が失われるので、出来れば、行頭に「#」を書くスタイルで実現したいと思っています。どのようにすれば実現できるか教えてください。 SOでも同じ結果になるようなので、以下、実際に書いてみます。 ###C# C ###C# C C# === C# 解決 ### 見出し の他に ### 見出し ### があるため、行末 # がこれに反応しているのかもしれません。 ### C# ### C# でどうでしょうか? また行末が#でなければいいのであれば ### C#<space> C# でもいけるかもしれません。 回答者: Anonymous

StackEditからBloggerに投稿したら画像とコードの部分がはみ出る

投稿者: Anonymous 始めて質問します。 いろいろ調べたことを残すためにブログを始めてみようと思い、StackEditからBloggerに投稿が可能ということで始めてみました。 いざStackEditからtemplateを使って投稿してみましたが、以下のように画像部分とCodeの部分が本文のエリアからはみ出してしまいました。 cssの変更が必要かと思い、css自身をstackeditのgithubからDLし、google driveに置いて読み込むまではできました。min-widthの設定とかもいじってみたのですが、改善しません。 どうしたら画像部分、code部分が本文のエリアに収まるかを教えていただけないでしょうか? 解決 Hiroshi Yamamotoさんアドバイスありがとございます。 使っているテンプレートはBloggerの一般的なもので、 CSSは、https://stackedit.io/res-min/themes/base.cssです。 もう少し調べた結果、以下に近い内容がありました。   参考:StackEditを使ってMarkdown記法の投稿を書いてみた ただ2回投稿するのは面倒なので、もう少し解析したところ投稿時にcustom templateとし、 以下のように修正することで解決しました。 [修正前] <body><div class=”container”><%= documentHTML %></div></body> [修正後] <body><%= documentHTML %></body> 回答者: Anonymous

markdownでローカルに保存した画像を添付する方法がわかりません。

投稿者: Anonymous 画像を添付する表記方法として ![alt用テキスト](画像URL) となっているようですがローカルに保存した画像を上記の表記方に沿って添付しようとすると代替テキストが表示されるだけとなってしまいます。 どなたか、アドバイスして頂けたら幸いです。 解決 Markdown は元々 HTML に変換されることを意図して作られたマークアップ言語ですので、HTML 同様、ローカルファイルへの URI を書いてやることでリンクは可能です(たとえば相対パスを直接書いたり、 file:///path/to/file を使ったり)。 ただし、整形後の Markdown を表示する際どのように表示しているかによって、ローカルの画像がどのように扱われるかが処理系依存になります。たとえば Markdown を HTML に変換してブラウザで閲覧する場合、セキュリティへの懸念のため、ローカルファイルへの URI は開かれない設定になっていることが多いです。エディタの簡易表示プラグインを使って表示している場合も同様の問題があります。 このため、ご自身の環境のみにおいて表示するワークアラウンドは上述の通りあるかもしれませんが、万人が同様に表示できるような方法は(あったとしても)採用しないことが望ましいでしょう。 回答者: Anonymous

PHPでマークダウンをHTMLに変換して表示したい

投稿者: Anonymous お世話になります。 表題の通り、PHPでマークダウンをHTMLに変換して表示させたいと思い、下記の 「PHP Markdown」のMarkdownExtraを利用しています。 https://github.com/michelf/php-markdown しかし、これだとマークダウン中に記載しているページタイトルや作者が反映されず、困っています。 とりあえず、作成したPHPのコードとマークダウンを記載しておきます。 何か方法があれば、教えていただけると幸いです。 もし上記のスクリプトでタイトル等を指定できない場合、ほかによいスクリプトがあれば、教えていただけると幸いです。 よろしくお願いいたします。 ソースコード PHPコード require_once(“./MarkdownExtra.inc.php”); $content = MichelfMarkdownExtra::defaultTransform(file_get_contents(“./test.md”)); test.md % テストページ % 陸 # テストページ  これは、テスト用のページです。 test.md(別サンプル) — Title: テストページ Author: 陸 — # テストページ  これは、テスト用のページです。 解決 まず、質問文中にある Markdown でのページタイトルや作者の書き方はオリジナルの Markdown にも CommonMark にも無い、特定の Markdown 処理系独自の拡張記法です。おそらく Pandoc の metadata block や YAML metadata block を先にご存じだったのでしょう。この記法は…(Continue Reading)

markdownでテーブルが作れない。

投稿者: Anonymous 下記urlのwikiページにてmarkdown表記をしていたのですが、テーブル表示ができず困っております。 http://e-sports.tokyo (上記ページでお好きなようにeditして頂いて構いません。) markdownのテーブル表記は下記のようにすることで表示できるかと思っていたのですが間違っていますでしょうか? |test1|test2|test3| |—|—|—| |hoge|fuga|pugya-| あれ・・・ ここ(stackoverflow)でもテーブル表示ができていない・・・。 markdownでテーブル表示をさせる方法をご存じの方いらっしゃいましたらご助言頂けませんでしょうか? よろしくお願い致します。 解決 表を表現できるのは、”Markdown Extra” などと呼ばれているMarkdownを拡張したマークアップです。 Markdownでは直接tableタグを使うしかありません。 <table> <tr> <th>test1</th> <th>test2</th> <th>test3</th> </tr> <tr> <td>hoge</td> <td>fuga</td> <td>pugya</td> </tr> </table> ただし、どのようなHTMLタグを許すかはサイトによります。 例えばここ(StackOverflow)ではtableは不可のようです。 (参考: 表形式用のmarkdown記法はないのでしょうか?) 回答者: Anonymous