Let’s Encrypt更新に失敗

投稿者: Anonymous 作成して三ヶ月後ぐらいにhttpsエラーになったので、下記コマンドを打ちました certbot renew ・すると下記エラーが表示されました Incorrect validation certificate for tls-sni-01 challenge. どういう意味ですか? ・作成出来たのに更新できないのは、なぜ?? ・どこを確認すれば良いですか? https化したドメインのイメージ a.example.com b.example.com c.example.net 環境 ・CentOS7 ・Nginx 解決 letsencryptではドメインの確認のため、certbotが臨時の公開鍵で署名したファイルをディレクトリー/.well-known/acme-challengeに置いて、そこにACME Challengeしてきます。もしそのディレクトリーに適正にアクセスできなかければ、そのエラーが発生します。例えば、3つのドメインのどれかを301リダイレクトしていないでしょうか? そういう場合には、letsencrypt用にwebrootを別に設定するようにします。webrootの場所はどこでもいいですが、403にならないようにしておきます。 location ^~ /.well-known/acme-challenge/ { root /var/www/acme-challenge; } 回答者: Anonymous

Let’s Encrypt で SSL証明書を自動更新したいのですが、cronとsystemdのcertbot.timerの違いについて

投稿者: Anonymous やりたいこと ・Let’s Encrypt で SSL証明書を自動更新したい 知りたいこと ・cronとsystemdのcertbot.timerの違い ・それぞれの長所短所 ・cronで設定しようとしたら、「systemdのcertbot.timer」でも出来るようなことがネットに書いてありました ・systemdはCentOS7から導入されたと認識しているので、新しい仕組みならこちらの方が何となく良いのかな、と思っているのですが ・従来、cronでしかできなかったことでも、systemd.timerを使えば出来るようになったということでしょうか? 公式ページでは、cronのみ言及されていますが、systemd.timerは非推奨? 環境 ・CentOS7 ・Nginx ・Let’s Encrypt ・certbot 解決 cerbot.timer は systemd のタイマー (Unitの一種) です。 Cron (cronie) の場合はCrontab に書かれたスケジュールにしたがってジョブを起動しますが、systemd の場合は タイマーの設定に従って起動します。 systemd のタイマーには、Cronと同等にカレンダーに合わせて起動させたり、一定間隔で起動、一定間隔でありながらランダムに遅延させたり、ブート後の指定した時間が経過した後に実行などができます。 systemd に統合されているので、起動するジョブを .service として、また、タイマーは .timer というUnit として管理(有効/無効、開始/停止)します。 cgroups の管理下に入れたり、journal でのログ管理などの合わせられるので Cronに比べてより現代的で強力なツールと言えると思います。 その反面、Crontabで1行で設定出来る Cron の手軽さに比べて、設定が面倒な印象があります。systemd特有の強力な機能が不要な場合はCronでも十分です。 回答者: Anonymous

ロードバランサー直下のサーバのSSL化(Let’s encrypt)の方法は以下であってますでしょうか?

投稿者: Anonymous ロードバランサー直下に設置したサーバは、以下の様にサブドメインを紐づけてSSL化すればいいのでしょうか? また、SSL化が終わったロードバランサー直下のサーバはロードバランサー以外からの接続をNGにすれば宜しいのでしょうか? ロードバランサーのドメイン: srv.example.jp ロードバランサー直下のサーバのドメイン srv1.example.jp srv2.example.jp srv3.example.jp certbot certonly –webroot –webroot-path /var/www/html -d srv1.example.jp certbot certonly –webroot –webroot-path /var/www/html -d srv2.example.jp certbot certonly –webroot –webroot-path /var/www/html -d srv3.example.jp 以上、宜しくお願い致します。 解決 各サーバーで取得するSSL証明書には、自ホストのドメイン名に加えて、LBのドメイン名が記載されるようにするのが良いと思います。 -d オプションを追加すれば 良いみたいなので試してみてください。 certbot certonly –webroot –webroot-path /var/www/html -d srv1.example.jp -d srv.example.jp certbot certonly –webroot –webroot-path /var/www/html -d srv2.example.jp -d srv.example.jp…(Continue Reading)

Let’s Encrypt のインストール方法の違いについて

投稿者: Anonymous Let’s Encrypt の自動更新がうまくいかないため、最初からやり直そうとしているのですが、下記の違いが分かりません ・それぞれメリットデメリットは何ですか? gitでインストール。自動更新する際、「○○-auto renew」とするやり方 ・このやり方で試している人をネットでよく見かけます 公式ページ?に掲載されているやり方。certbot-nginxでインストール。自動更新する際は、autoなしの「certbot renew」 ・このやり方で試している人はあまり見かけません 環境 ・CentOS7 ・Nginx 解決 Certbot(旧 Let’s Encrypt client)を使ってLet’s Encryptから証明書の取得・更新を行う場合、certbotの公式ページの方法で問題なくできるのであれば、公式ページの方法で十分だと思います。最近は、公式ページの方法で問題なく取得・更新ができるOSが増えています。 以前は、新しい機能を使いたいためにgitを使ってインストールしていたことがあります。そのため、ネットでの記事では、gitで試している人が多くなっていると思われます。 Certbotの証明書の取得・更新は以前よりも随分と簡単になって、もうネットに書く必要がないぐらいになっています。ネットの古い記事といっても今年の3月8日に Version 0.22.0 で ACME v2 に対応したので、それ以前のものを参考にする場合には注意した方がいいと思います。 回答者: Anonymous

Como configurar un Certificado SSL gratuito de Let’s Encrypt en Apache

publicado por: Anonymous Estaba buscando al respecto de los Certificados SSL de Let’s Encrypt, así también sobre la configuración en Apache. Encontré información al respecto, en el Sitio Oficial de Let’s Encrypt . Realicé los distintos pasos que encontré en variados sitios, la creación de los elementos de verificación y realicé hasta la generación de…(Continue Reading)

Let’s encryptの証明書の更新が出来ない

投稿者: Anonymous Let’s encryptの証明書の更新すると以下のエラーが表示されます。 Domain: www.exaple.com Type: unauthorized Detail: Invalid response from http://www.exaple.com/.well-known/acme-challenge/VImSUQsPVjhFUuWmj4Rhstrg61XEK8v74nvVMHSx81o [45.95.54.195]: “<!DOCTYPE HTML PUBLIC “-//IETF//DTD HTML 2.0//EN”>n<html><head>n<title>403 Forbidden</title>n</head><body>n<h1>Forbidden</h1>n<p” Domain: cccc.exaple.com Type: unauthorized Detail: Invalid response from https://cccc.exaple.com/.well-known/acme-challenge/yG2uX4utnascNgeAvv4V3ClE401vDJSsypXV2alZEWM [45.7.54.203]: “<!DOCTYPE HTML PUBLIC “-//IETF//DTD HTML 2.0//EN”>n<html><head>n<title>403 Forbidden</title>n</head><body>n<h1>Forbidden</h1>n<p” To fix these errors, please make sure that your domain name was entered correctly and the DNS…(Continue Reading)

Let’s Encrypt で SSL証明書を自動更新したいのですが、cron設定する際のcertbotのパス指定について

投稿者: Anonymous 現状 ・リンクの通り進めています sudo yum install certbot-nginx ・cerbot がどこへインストールされたか分からないので調べているのですが、 ls /usr/bin/ certbot -> /usr/bin/certbot-2 certbot-2 予定 ・「/etc/cron.d/」の下にhogeファイル配置 環境 ・CentOS7 ・Nginx ・Let’s Encrypt ・certbot Q1 ・リンク先のcronジョブ例では「&& certbot renew」と記載されていますが、パスを記載する必要はない? Q2 ・certbotはどこにインストールされているのでしょうか? ・「certbot -> /usr/bin/certbot-2」はシンボリックリンク? Q3 ・「/etc/cron.d/hoge」でcertbotのパスを記載するとしたら 0 1 * * * /usr/bin/certbot renew && systemctl restart nginx あるいは、下記?? 0 1 * * * /usr/bin/certbot-2 renew &&…(Continue Reading)

SSLの設定をした後nginxが起動できない

投稿者: Anonymous プログラミング、開発環境構築の初心者です。 Ubuntu,nginx,gunicorn,DjangoでPythonのwebシステムを開発しています。 ローカルで作ったサイトを、Ubuntu,ncinx,gunicorn,Djangoを使用したサーバーにデプロイし、独自ドメインでのアクセスが可能な状況まで開発しました。 その後、SSL化に対応させるために、Let’s Encryptを利用してnginxのファイルを設定しているのですが、ファイルの編集を行った後、nginxが起動できない状況です。 解決策について、ご教授していただきないでしょうか? エラーログ * nginx.service – A high performance web server and a reverse proxy server Loaded: loaded (/lib/systemd/system/nginx.service; enabled; vendor preset: enabled) Active: failed (Result: exit-code) since Mon 2019-12-09 10:20:34 JST; 9min ago Docs: man:nginx(8) Process: 1882 ExecStartPre=/usr/sbin/nginx -t -q -g daemon on; master_process on; (code=exited, status=1/FAILURE) Dec…(Continue Reading)