Twitterの認証が解除されていることを検知する

投稿者: Anonymous

下記のサイトを参考にTwitter機能をアプリに実装し、ログインと投稿ができるようになりました。

http://qiita.com/gabu/items/f6f39900fd5e449045f9
※ちなみにログインボタンを押して認証が終わると、定型文をそのままタイムラインにツイートするという仕様に変更してます。

しかし、TwitterのサイトでアプリとTwitterの認証を解除して再びログインボタンを押すと、ログイン画面に移らずそのまま投稿しようとして投稿が失敗してしまいます。
上記のサイトのやり方ではsharedpreferencesを使ってアクセストークンを保存してそれをずっと使っているからだと思うのですが、ではアプリとTwitterの連携が解除された時に処理を行わせようとしてもやり方がわかりません。どうすればTwitterの認証が解除されていることを検知することができるでしょうか?
すみませんが、宜しくお願いします。

解決

どうすればTwitterの認証が解除されていることを検知することができるでしょうか?

認証が解除されていることを検知するには、保存したアクセストークンを用いて Twitter の API を実際に叩いてみる必要があります。

連携が解除されている場合はエラーが発生するので、そのエラーをみて判断する必要があります。
詳細は Error Codes & Responses HTTP Status Codes を確認してください

回答者: Anonymous

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *