[RDO]OpenStack構築後のインスタンス起動失敗について

投稿者: Anonymous

CentOS7 + Juno をpackstackでインストールを行いました。
構成は、コントローラーノード(neutronを含む)1台、コンピュートノード2台で行っています。
はじめにコントローラーノード台 + コンピュートノード1台の構成で行ったところ、
インストールから、インスタンスの起動、FloatingIPの割り当てまですべてうまくいきました。

続いて、コンピュートノードを一台増設しようと思い、
answerファイルのCONFIG_COMPUTE_HOSTSにIPアドレスを設定し、
すでに構築済みの一台につきましては、EXCLUDE_SERVERSへ退避を致しました。

この状態で、packstackコマンドを実行し、インストールもうまくいったのですが、
インスタンスの起動ができなくなってしまいました。

コントローラー、コンピュートノードでログを確認すると、

NovaException: Unexpected vif_type=binding_failed

というエラーメッセージが各コンピュートノードで返ってきており起動にしているみたいです。

お忙しいところ申し訳ございませんが、
もし、お時間があればご教授頂ければ幸いです。

追記

$ neutron agent-list -F host -F agent_type
+——————–+————————–+
| agent_type | host |
+——————–+————————–+
| Open vSwitch agent | openstack.controller |
| L3 agent | openstack.controller |
| Open vSwitch agent | openstack.compute001 |
| DHCP agent | openstack.controller |
| Metadata agent | openstack.controller |
+——————–+————————–+

computeノードがもう一台稼働しているはずなのですが、
ここに出てこないのはおかしいですか?

追記

Open vSwitch agentはコンピュートノードにおいて動作しておりましたが、
agent-listでは表示されていません。
動作はしているが、コントローラーが知らないという状況なのでしょうか….

追記

現状の設定ファイルです。

https://gist.github.com/tomomura/39a006413c6b390aefdd#file-gistfile2-txt

解決

自己解決できました。

原因は、サーバ間の時間の同期ができていなかった為です。

NTPサーバを用意して、各サーバ間の時間を同期させたところ正常に動作しました。

ありがとうございました。

回答者: Anonymous

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *