Qtの商用ライセンスを購入すると、特典はどれほどのものなのか?

投稿者: Anonymous

以前、PySideで開発したもののそのあとどうすればいいかわからない。で質問をしました。
私は主体の取り違えを起こしていました。商用ライセンスは、開発者が定めてもいいにも関わらず、私は、購入しなければいけないものだと思っていたのです。購入をして、初めて自分の作品でお金とっていいですよ。という感じ。商売用ライセンスだと思っていたのです。しかし、こうした購入する商用ライセンスというものもあるわけで、以前の解答と合わせて考えると、どうやら、Qt開発者が、自分の開発したライブラリであるQtの商用ライセンスを購入したらこういう特典があるよという話だったようです。

Q1.

例えば、こういうQtの特典を商用ライセンス購入によって得た場合、このSOFで質問しても解決できないような、みなさんがお知りにならないような疑問も、サポートしてもらえるものなのでしょうか?

The Qt Company’s expert support team helps you solve your development challenges.

と書いてあります。Qtについては、以前からあまり盛んでないものを対象とした質問を出していますが、どうにも解答が付かなくて、何らかの手段がないものか探していました。
 
それと、ライセンスについて、以前お聞きしたものの、整理がつかなくなってしまったのです。

私の製品について、商用ライセンスを発行するのは私なのでしょう。しかし、いったい何を守って何を守らなくてもいいのやら、正直混乱してしまいました。
簡単に言えば、お上の目を恐れているということです。

Q2.

  1. 自分で開発した製品について商用ライセンスを発行するのは開発者
  2. 自分で定めた料金を設定し、自由に商売してもよい。
  3. LGPL版Qtで開発したものは、ソースコードの開示は強制されない。しかし、一度公開したら、その後の改変したコードも公開する必要がある。
  4. GPL版Qtで開発したものは、ソースコードの開示は強制される。
  5. Qtの商用ライセンスを購入するというのは、商売するライセンスをもらえるというのではなくて、上のサイトを信頼する限り、GPLの制限が解除され、コードの非公開が可能となる。非公開での改変もOKリバースエンジニアリングの禁止もできる。また、開発にあたっての様々なサポートが得られる。という程度の意味なのですね。

上記のようなとらえ方であっていますか?

Q1では、商用ライセンスのサポートはどれほどのものなのか?
具体的には、以前の質問1以前の質問2以前の質問3等、まだ未解決の問題についても、答えてくれそうなサポートなのか?
Q2では、以上のような理解で漏れはないのか?

ライセンスについてちょっと慎重に行きたいと思っていますので、Q1が最もお聞きしたいことなのですが、Q2も併せて伺いたいと思います。私はGPLよりLGPLのがよさそうだぞと思って、PySideを選んで進んできました。C++ Qtと、PyQt,PySideは、名前は違えど、根底にある理解は一致しているので、Qtの商用ライセンス等でも、全く受けられるサポートには違いはないと思っています。C++のコードで教えられたら何とか行ける程度ですが。
 

解決

ちょうど今日、Qtブログにサポート関連の記事が投稿されました。
Qt Premium Support: Learning and Experiences
一度読まれることをお勧めします。

なお、GPL / LGPLが議論されていますが、GPL /LGPLを適用したアプリケーションGPL /LGPLを適用したライブラリにリンクした非GPL /LGPLアプリケーション とでは全く状況が異なります。商用を検討されているとのことですので、後者が前提にあると理解しました。

LGPLに対する動的リンクの誤解が参考になります。
LGPL版Qtを使用した場合、作成されたアプリケーションはGPL / LGPLを適用する必要はありません。ソースコードの非公開、アプリケーションの複製不可等の制限を加えることができます。ただし、LGPL版Qt部分には及びません。とはいえLGPL版Qtの入手方法を提示するだけで十分です。

GPL版Qtを使用した場合、作成されたアプリケーションはGPL相当が要求されます。入手者(購入者)に対し、複製を禁ずることはできず、アプリケーションのソースコード開示も求められます。

回答者: Anonymous

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *