Node.jsの環境でwebpackを実行すると、`WARNING`の注意文が表示されました。この注意文に対する対処方法(既存ファイルの修正や注意文の無視など)を教えてください。

投稿者: Anonymous

いつもお世話になっています。
下記の質問についてご存知の方がいらっしゃいましたらご教示を願います。


【質問の主旨】

webpackをインストールすると、WARNINGの注意文が表示されました。この注意文に対する対処方法(既存ファイルの修正や注意文の無視など)を教えてください。

【質問の主旨】

1.

モジュール構成のアプリを1ファイルにまとめるために、インストールしたwebpackを実行しました。実行内容と結果は以下のとおりです。WARNING in configuration以下の文章が黄色で表示されています。

$ npx webpack
Hash: 9**************a
Version: webpack 4.35.3
Time: 360ms
Built at: 2019-07-11 17:09:51
  Asset      Size  Chunks             Chunk Names
main.js  1.05 KiB       0  [emitted]  main
Entrypoint main = main.js
[0] ./src/index.js + 1 modules 385 bytes {0} [built]
    | ./src/index.js 135 bytes [built]
    | ./src/util.js 250 bytes [built]

WARNING in configuration
The 'mode' option has not been set, webpack will fallback to 'production' for this value. Set 'mode' option to 'development' or 'production' to enable defaults for each environment.
You can also set it to 'none' to disable any default behavior. Learn more: https://webpack.js.org/configuration/mode/

2.

webpackを実行したあとのコードはGitHubにUPしています。

3.

注意文をキーワードとしてGoogle検索をすると、いくつか似たような問題について言及されている記事が見つかります。ただしいずれもpackage.jsonを修正することが書かれています。一方自分がインストール・実行したwebpackにはpackage-lock.jsonだけで、package.jsonが存在しません。そのためどのファイルに何を記述すれば良いのかよく分かりません。

(参考ページ)
https://qiita.com/MasanoriIwakura/items/32f9be227adab21d7f87

4.

今回の質問は「JavaScript逆引きレシピ 第2版」のP520の内容に基づいています。本にはWARNING in configurationのことについて言及されていません。


以上、ご確認のほどよろしくお願い申し上げます。

解決

Webpack の mode については https://webpack.js.org/configuration/mode/ に記載があります。 mode は環境に合わせた最適化を有効にするオプションで、 none (最適化なし)、 development (開発環境向け最適化) production (本番環境向け最適化;デフォルト)の3種類があります。

mode を指定するには以下のように webpack.config.js に設定を書くか、

module.exports = {
  mode: 'production',
  // 他の設定…
};

あるいは webpack --mode=production のようにコマンドラインオプションを使います。

回答者: Anonymous

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *