iSCSIネームについて

投稿者: Anonymous

現在仮想化基礎検定という資格を取得するため学習しています。
ここで質問するのが場違いでしたらすみません。

IP-SANにおいては、iSCSIプロトコルを用いてファブリックデバイス間の
通信を行う場合、機器を一意特定するためにiSCSIネームをデバイスに
付与します。

iSCSIプロトコルでは下位レイヤーでTCP/IPが使われていますが、
TCP/IPまでで機器を一意に特定することはできないのでしょうか?

ご存知の方がいらっしゃいましたらご回答お願いします。

解決

まず、回答です。
>TCP/IPまでで機器を一意に特定すること
iSCSIプロトコルを使いノード識別や管理を行っているので 出来ません。
IPアドレスの変更があったら設定も変更します。
(SCSIコマンドをIPパケットに乗せて運んでいるだけなので、また、IPを使用していますが、ファイルサーバとは違い 出来るなら閉塞した環境で使う物です。)

・簡単に何故必要なのか

ノード識別や管理のためにiSCSIネームを持ち,iSCSIプロトコルを用いて サーバやPC(イニシエータ)が HDDなどのデバイス(ターゲット)との間でTCPコネクションを張り、認証とネゴシエーションすることによりデータ転送を行います 認証は、不正アクセス、なりすましなどを防ぐためです。

補足、以下の様にiSCSIネームの命名は決められています。

iSCSIネームは、iSCSIノードのロケーションに依存しないこと、全世界で唯一であること、iSCSIノードのライフにおいて固定であることなどが必要であり、
iSCSIでは、IPドメイン名を使用したiSCSI Qualified NameとIEEEの64ビットExtended Unique Identifierを使用した「IEEE EUI-64 Format」でiSCSIネームを付ける。(管理上必要ならエイリアス名を付けます。)

補足2、規格名など

SCSI(スカジー <−ふざけてはいません、SCSIはスカジーと読みます)バス(ケーブル)接続でHDD、テープデバイスなどを繋ぐ規格があります。(転送速度は、〜1280Mbps)

SAN (サン) シリアルSCSIプロトコルを用いてネットワーク化した規格です。(転送速度は光ファイバを使って800Mbpsぐらい、導入コストが高いので普通の人は手が出せません。)

iSCSI(アイスカジー)は、SCSIコマンドをIPパケットに乗せてデータ転送を行う規格です。(ギガビットイーサネットで、実用的に使えるようになった。でも古い規格です。)

回答者: Anonymous

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *