CDNは何のために存在? 本番環境で使用しても良い?

投稿者: Anonymous

質問するきっかけ
・使用検討しているライブラリが、cdnjsでホストされていました

質問1
・以前から疑問に思っていたのですが、色々なホストがCDNを公開していますが、ホスト側にはどういうメリットがあるのでしょうか?
・ある日、いきなりクローズしたりしないのでしょうか?
・何のために公開している?

質問2
・これまでずっと稼働環境にライブラリを配置して使用してきたのですが、環境によってはCDNを使用した方が早い場合もあるのでしょうか?
・キャッシュ対策が施されている?

質問3
・対象ライブラリが、複数のCDNで公開されている場合、選定基準はどこで判断すれば良いのでしょうか?

解決

質問1
同じファイルを世界中のサイトでそれぞれ配信するより、同じURLで公開することでクライアント側でもキャッシュが効きトラフィックを抑えられるため、と考えられます。彼らの場合、トラフィックをさばくコストが膨大であるためそれを抑えること、Webアプリを速くすることは経済的です。
ホスティングを辞めてしまう可能性は少なからずあります。ポリシーを確認しましょう。

質問2
CDNのキャッシュサーバの配置にもよりますが、稼働環境よりも近いキャッシュサーバが存在する可能性が高いので、早さの効果はあると思われます。
キャッシュ対策がどのレイヤでの話か分かりませんが、CDNはキャッシュをユーザの近くに置くことが至上命題なので、対策済みと言えます。

質問3
利用者がたどると予想される経路周辺にキャッシュサーバを持っていそうなホストを選ぶことと考えます。
また、選定にこだわりすぎず、止まった場合などを考慮してfallbackの仕組みを入れることもご検討ください。

回答者: Anonymous

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *