APIはなぜ「叩く」のですか?

投稿者: Anonymous

素朴な疑問なのですが、APIはなぜ「叩く」と言われるのでしょうか?
先日あるカンファレンスで、シカゴ生まれのアメリカ人エンジニアが若干たどたどしい日本語で、

「APIヲタタク…」

と呪文のように言っていた様が、妙に頭に残ってしまいました。
一体いつ頃からAPIは「叩か」れ出したのでしょうか?
また、誰が「叩き」始めたのかもご存知の方がおられましたらお教えください。

由来もわからず口にのぼせるのが、どうしても性に合いません。。

解決

英語圏のエンジニアが使うhit apiの和訳だと思います。
個人的には、APIをたたいたことはないです。コマンドを「たたく」ことはありますが、APIは「呼ぶ(call)」ことが多いです。
「たたかれる」ものはコマンドのように新たにプロセスが生成されるイメージがあり、APIに使うのはなじみません(あくまも個人の感想です)。コマンド名をキー入力し、リターンキー(今はENTERキー?)をたたくのが由来だと勝手に思っています。
なお、pingは「たたく」のではなく。「打ちます」。「撃つ」のかもしれません。

不思議の国のSE用語を見つけました。けっこう面白いですが、あまり一般的ではないと思いました。

【追記】
「WebAPIを叩く」という表現をみつけました。こちらはあまり違和感がありません。「背後に重い処理が動くから」かなと自己分析しています。

 このような「言い回し」は個人が、その人となじみのある周囲の人たちと会話するときに使用するもので、「よく知らない人」には使わないようにしています。

回答者: Anonymous

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *