古いPCでも動作するDLLの作成方法について

投稿者: Anonymous

お世話になります。
DLLについて質問させて頂きます。

「Microsoft Visual Studio Express 2015 for Windows Desktop」を使って、C++でDLLを作成致しました。
基本的には正常に動作するのですが、古いPCですと以下のようなエラーが出てしまい、起動できません。

>コンピューターにapi-ms-win-crt-runtime-l1-1-0.dllがないため、プログラムを開始できません。

調べてみた所、以下のサイトに解決策が載っており、「Visual Studio 2015 の Visual C++ 再頒布可能パッケージ」をインストールすることで解決できることを確認いたしました。
http://www.softantenna.com/wp/windows/api-ms-win-crt-runtime-l1-1-0-dll/

とはいえ、ユーザにインストールさせるのもできれば避けたいので、はじめから正常に動作するDLLを作成したいと思っております。
どんなPC(OSはwindows)でも動くDLLを作成するためにはどうすればよろしいでしょうか。
以上、よろしくお願いします。

解決

MSVC2015からランタイムライブラリの構成が大幅に変更されてたくさんのDLLが必要です。
MSVC2013以前ならスタティックリンクすれば、配布に必要なDLLを最低限まで減らすことができます。

回答者: Anonymous

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *