フェイルオーバー時のpostgresql.pid処理方法について

投稿者: Anonymous

RHEL7環境下のpostgresqlサーバをpacemakerにて冗長化を行っております。しかし、フェイルオーバー時にpostgresql.pidが残ってしまい、postgresqlサービスの自動起動ができません。手動で消すことで動作はしますが、根本的な解決にはなりません。どのような対処方法がありますでしょうか。

解決

postggresql.orgのyumリポジトリからダウンロードできるpostgresqlであれば、PIDファイルが残っていてもpg_ctlコマンド(pg_ctl -w start)で起動してくれると思います。(警告は出ますが)

#9.6.5で試してみました。

  1. pacemakerでのpostgresqlの起動方法が「pg_ctl」になっているか確認してはどうでしょうか?
  2. RedHat提供のpostgresqlを利用しているのであれば、postgresql.orgが提供しているそれに置き換えてみるのはどうでしょうか?
回答者: Anonymous

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *