「コンテキスト」という言葉が何を指しているのかよく分からない

投稿者: Anonymous

様々な技術系の記事やドキュメントで「コンテキスト」という言葉がでてきますが、何を指しているのかよく分かりません。 「コンテキスト」という言葉自体は調べたのですが、利用されている状況によって意味が異なるため、結局何を指しているのか理解ができないです。

例えば、以下の記事やドキュメントの「コンテキスト」が何を指しているのかが分からないです。

上記の「コンテキスト」が何を指しているか教えていただけますか。
また、「コンテキスト」を別の言葉で言い換えることはできますか?

そもそも「コンテキスト」という言葉自体が曖昧(だと思ってる)なため、
回答しづらい質問で申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。


今回の質問は人によって回答が異なるものだと想定しています。そのため、できる限り多くの方々の意見・回答を見るために、以下のサイトにも同様の質問を投稿しています。

https://teratail.com/questions/53738

結果として4人の方から回答をいただくことができました。どの回答も非常にためになり、イメージを掴むことができたため解決にしました。

解決

家族同士でお互いの名前を呼ぶ場合、名字を使う事はまずありません。
それは名字が家族にとって自明であり、これをコンテキストとしているからです。

Windowsでファイルを右クリックしてコンテキストメニューを表示し、「開く」メニューをクリックする時は通常「(ファイル名)を開く」とは書いていません。単に「開く」と書かれているだけです。
そのファイルを右クリックしているため、開く目的のファイル名は自明であり、これをコンテキストとしているからです。

Global contextとは、thisがグローバルオブジェクトとなっているコード上の位置を示しています。
グローバルに定義されたmyFuncはグローバルコンテキストにおいてそれがグローバルである事を明示せずにmyFunc()と呼び出すことができます。

対照的にFunction contextでは、thisがその関数の呼び出し元のオブジェクトを指すコードの位置を示しています。

ですので:

コンテキスト = 背景となる情報
〜コンテキストを持つ = 〜という背景が定義されている

あたりが妥当なんではないかと思います。

回答者: Anonymous

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *